スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドに行く人に読んで欲しい本

インドの時代 豊かさと苦悩の幕開け [単行本]
中村 岳志(たけし)著 2006年 新潮社
この著者の本は以前に、「ヒンドゥー・ナショナリズム ――印パ緊張の背景」(中公新書ラクレ/2002年)という本を読んだことがあり、「若いのに突っ込んだ取材と分析力がある」と、関心したことがありました。
この本では、「インドの今」を描いています。隣に住む人の顔も知らない都会の中流階級の若い夫婦の生活など、読み進むうちに日本の問題点のことを読んでいるような気分になりました。「悠久のインド」は田舎に行かなければもう無くなっているのかもしれません。
20年数年前に、その少し前まではインドのテレビチャンネルは1つしかなく、ほとんどの家にはテレビが無かった時代に、急に衛星チャンネルが導入されました。
その時に、これでインドの人たちの生活が劇的にかわるだろ。戦後日本人がアメリカの策略でアメリカの豊かさをテレビで見せつけられ、「自分たちもこうなるのだ。そのためには金を稼がばならない」と思わされたと同じことを経験するだろう。そして、日本がじっくり時間をかけて歩んだ道をインドは短期間に急速に歩んでしまうだろうと思った。古くからの知り合いで保守的な家もこの翌年にはテレビを買いました。それまでは夕食の後には車座になっていた家族がテレビの方向を見るようになっていました。その通りになったようです。
この本を読んでいくと、戦後日本で起こった様々な出来事と同じようなことが起こっています。貧富の差はますます広がり、核家族化は進むし、苦悩する人々(特に若者たち)は宗教に走ってしまう、などなど。。。。
日本では行き場を失った若者が新興宗教に集まりましたが、インドではヒンドゥー原理主義者(イスラム教と一緒の国を作ることを目指していたガンディーを暗殺したものこの団体の一員)が懐を広くして、上手くそのような人たちを集め拡大していっているそうです。
バラモン教の修正主義の様に起こった仏教も自らバラモン教を修正したヒンドゥー教に取り込まれました。インドで宗教を聞かれて、「仏教徒」と答えたら。インドの人たちは「仏陀はビシュヌ神の9番目の生まれ変わりだから、ヒンドゥー教の一派ね」と思われるように、バラモン教→ヒンドゥー教は歴史的にも柔軟な対応をしながらさらに発展してきました。その点、ヨーロッパのユダヤ教→キリスト教→イスラム教に繋がる一神教は全然違います。彼等はお互いに排除しあっているのは対照的ですが、原理主義となると、他の宗教には寛容ではなくなります。特にイスラム教にはインド国内に王朝を立てられたことがあるし、印パ独立の時のお互いの殺し合いもありました。そういう過去があるのでなおさらイスラム教徒には厳しくなってしまいます。
とにかくインド旅行をしたいに人たちのとっては、旅行案内書は必要でしょうが、このような現代インドを知ってから行く方がインドの今を見ることに役立つと思います。
ネットで調べたら、新刊はもう売り切れてしまったようで、中古しか残っていませんが、値段がなんと1円(!)+送料で買えます。是非是非読んでください。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4103027517/indoto-22
スポンサーサイト

日本人の知らない日本語 

なるほど~X爆笑!の日本語“再発見”コミックエッセイ 
蛇蔵&海野凪子著 定価本体880円(税別)メディアファクトリー発行

うちのカミサンがどこかのバザー見つけ、10円で買ってきたものですが、かなり面白いので、紹介させてください。絶対お勧めです。
この本は、日本語学校で様々な国から来日した外国人に日本語を実際に教えている先生が書いています。
副題に「コミックエッセイ」とあるように、イラストが多く、簡潔で解り易く、楽しいです。でも、内容は結構濃くて、こちらの目からうろこが落ちることも多々ありました。
日本人自身も知らなかった(僕だけ?)日本語の用法や、外国人たちのユニークな日本語についての意見、感想が書かれていて、大変勉強にもなったし、日本語について考えさせられるものでした。

いつも優秀な生徒の宿題に間違いが多かったので、聞いてみると、「日本人の友達にやってもらった」
とか、
答案用紙に○を付けると、「○が付いたら不正解」の国があり、ガックリされたり。
とか、 
カタカナ表示の外来語が、本国の人に「発音が違うので解らない」と言われたり。
とか、
日本のやくざ映画好きで日本語に興味を持ったフランス婦人の話す日本語がやくざ調になってしまうとか、突然「喜んで」何度という言葉を使いだして、バイト先が知れてしまうとか、様々なことが書かれています。

日本語を勉強する中国人で台湾の人は、旧体の漢字を使っているので日本の漢字は大体分かるが、大陸の人たちは、「日本の漢字は難しい」と言うそうです。なんか可笑しいですね。
バンコクなどで中国語の新聞を手にすると、台湾系は旧漢字なので、かなり理解できますが、大陸系は毛沢東の大革命以降に漢字の簡略化が進み、よく使う漢字ほど解らない傾向にあるように感じます。この簡略化により、識字率が圧倒的に上ったということなので、良いことなのだとは思いますが、、、、。

インド旅行の本

タイトル:インドなんて二度と行くか! ボケ!! 著者:さくら 剛 アウファポリス文庫 定価:640円+税(ネットでもっと安く買いました) 発売:星雲社

軽井沢店の店番をしているカミサンから息子に、「ネットを見ていたら、インドのことが書いてあって、安かったので買ってしまった。マンガだと思って読んでみて」という言葉と一緒に送られてきたのがこの本。
息子は全然読む気が起こらなかったらしく、「こんな本が来たけど、読む?」と言ってこちらに投げてきました。ヒマな時にパラパラ読み始めると、インドの景色などの描写はほとんどなく、騙そうと自分によって来たインドの人たちとのやり取りがほとんどという内容。読み進むうちに、「この著者はインドに行っていないのでないか」という疑問がわいてきた。かの「地球の歩き方」の中の、「僕・わたしはこうやってインド人に騙されました」という記事(?)を読んだだけで、インドには行かないで、そこに書いてることを大げさにして自分が経験したようにこの本を書いたのかもしれないと。想像力をはたらかせれば、いくらでも書ける内容だからです。
最近は旅行案内書などを読んでいないので良く分かりませんが、いろいろなこの手の体験談が書かれていそうな気がします。この著者のユーモアのセンスは悪くないし、騙そうとするインドの人たちとのやりとりを読んでいると、中学程度の英語(自分で書いている)では出来ない会話があるし、ましてヒンディー語は出来る筈は無いと思うので、この著者は想像力はありそうなので、余計そう思えました。でも、この著者は何が言いたかったのだろうか?「インド人の騙しのテクニックは凄いので気を付けてください」でもなさそう。「僕はこうしてインド人の騙しのテクニックに勝った」かな?それとも「楽しんだ」かな?

確かに、僕も寄って来たインドの人たちと同じようなやりとりを何度かしたことがあります。自分のできる限りの語学力と、どうやって言いくるめようと頭を使い、結構楽しいものです。
一度オートリクシャの運ちゃんと料金のことでもめたら、周りに人だかりができていろいろ言ってきた。観客の1人が、「2人の言う値段の中間でどうだ?」と言ってきたので、「お前だったら、こいつの言う値段を払うか?」と聞くと、答えは「No.」だった。運ちゃんが「ポリスのところに行こう」と言うので、「よし、行こう」と答えても運ちゃんは行かなかった。自分に分が無いのが解っていたと思う。同じような会話を何度か繰り返しているうちに、インドに留学しているという黒人がこっちの味方について、運ちゃんにがたがた文句を言い始めた。あまり激しいので、彼が心配になってきて、彼をなだめて中間の金額(約30円)を払ってその場を収めた。彼は被差別観を感じていたようです。自分たちが差別されたことの裏返しだと思いますが、インドの人たちは自分たちよりも色の黒い人たちを自分たちよりも低いと考えたがる傾向があるようです。

そして、どこかに「実はインドには行っていなのです」と書いていないかと、それだけを期待しながら読み進んでいるうちに終わってしまいました。残念ながら、それはありませんでした。やっぱり行ったのかもしれない。2年後にもう一度行ったとも書いています。

空港などでよく耳にする、インド帰りの若い人たちに会話に「インドで騙されまくった」という言葉が良く出てきます。それを聞くと、「それほど深くつきあって無いだろ。近くに寄られたら逃げていたんだろ?」と、いつも心の中で毒づいています。

大体有名観光地だけにサッと行ったら、そこに巣食っている外人相手に一儲けしようと考えている輩にしか会わない可能性が多いと思います。すぐ帰ってしまう外人だから、後腐れも無いし、現地の事情が良く分かっていないから最適なカモという訳です。「No」のいえない日本人ならばなおさらです。少し長くその場所に留まって、その手の輩と何度か顔を合わせていると、意外に打ち解けてきたりもします。
街にたむろする両替屋と何度か両替してから、「これからネパールに行って1週間後に帰るけど、酒やたばこの注文は無いか?」と注文をとって、その儲けで土産を買ったこともあります。
うちのカミサンは、店の前で騒いでお金を稼いでいるヒジュラーの1団と会い、「金をくれー」と言われて、「私は足が痛いんだ。あたしに金をくれ」と言ったら、笑って去って行き、何度か会って挨拶を交わすうちに、「今日は足の調子はどうだい」と言って摩ってくれようするようになったそうです。
相手との関係の妙を味わうのもインド旅行の楽しみの一つとも言えます。

とここまで書いて、インドの人たちだって、自分たちの国にこの手の輩がいることは十分知っていて、憂慮しています。この本をインドの友人たちに読んで聞かせたら、どんな顔をするだろうと想像してみました。その時に何人かの友人の顔を久し振りに思い出させてもらいました。それだけでも感謝するべきだろうか?

黄泉(よみ)の犬 藤原 新也 

バンコクだよりから少しより道させてください。

黄泉(よみ)の犬 藤原 新也 文春文庫 ¥ 690(Amazon調べ)

旅から帰ってきて、彼の「印度放浪」を読んでファンになり、それ以降は、「アメリカ」という作品までは全部読んでいて、はるばる屋のリンク先に勝手にリンクしたりしていたのですが、そのうち書店や図書館に行く余裕が無くなり、彼の作品から少し遠ざかっていました。

先日、ナマステボリウッドのすぎたさんとのメールのやり取りの中で、彼が、「今、藤原新也のこの本を読んでいます。麻原のことなどが書いてあり、面白いですよ」と教えてくれました。以前オウムの事務所が近くにあったことがあり、信者がうちの店に来たことがあったり、インドに行った時に「オウム真理教様ご一行」と往復とも同じ飛行機のこともありました。例のサリン事件があった時は、何故か「これはオウムがやった」と口走ったこともあります。そんな訳で、オウム真理教にも少し興味があったので、早速図書館から借りてきて読んでみました。

基本的には1つのテーマなのですが、3つに分かれていて、最初はオウム真理教の麻原について、次にインタビューをさせてくれと言ってきた学生との話、最後にインドで出会った同年代の男の話。彼はかなり自分のことを赤裸々に語っていて、インドに行き、いろいろ体験したことをベースに麻原のことなどを書きつづっています。

彼は芸大を中退してインドに行きました。同じ頃に僕もインドに行きましたが、それはヨーロッパから日本までの帰り道で、ネパールに行く途中の通過点でした。その違いが、その後の人生を分けたようです。(もちろん、芸術心、文才など諸々の才能のことは考えないで書いています)
彼と同じように火葬場で人が焼かれる状況を見たし、臭いもかぎました。何かの加減で、髪の毛が燃えた時などには、あの臭いを思い出します。彼は何週間も眺めていましたが、僕はたったの2日ぐらいで先に進みました。
宗教に対するスタンスも同じようなものですが、僕はホーリー(春の水かけ祭り)などの時には、進んで参加しますが彼はしません。これについては書かれていませんが、彼は決してガンガーでの沐浴などはしなかったと思います。僕も絶対しません。それは、水が汚いという理由ではないです。彼らの宗教に帰依しているわけでもないのに、それをすることは、彼らを茶化しているように感じるからです。穴からバイキンが入るというので、若い女性が、「穴を塞いでガンガーに入った」とか、mixiに書いているのを読むと、ぞっとします。
彼がインドに行きはじめた「70年代から世界中から宗教がらみでインドに行く若者が多くなった」とあります。1時は、教祖の写真が付いたペンダントをした日本人を含む外国人がたくさん渡印していました。それを見て、インドの商売相手に、「お前がアカンバーをした写真を入れた同じデザインのペンダントを作ったら売れるかも?」と言ったことがあります。今でもそういう人たちも少しはいますが、今の日本の若者は、「怖いものを高みから見る」というサファリワールドでバスに乗る感覚の若者が多い気がします。平気でガンガーで沐浴できるのもそれの延長線だと思います。
すべての移動を日本から予約しないと不安」などと書き込む輩もいます。思った通りになることが当たり前で、それ以外は考えられないのか?耐えられないのか?これも彼の言う一つの病理かもしれません。




プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。