スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまた本の話

カレーの本

「カレー学入門」河出文庫 辛島 昇・貴子著 1998年6月25日 初版発行

先日の夜(と言ってもかなり前)、NHKの爆笑問題の番組に辛島さんが出られてカレーの話をしました。それを観て、家に彼のカレーの本があったことを思い出し、再読してみました。さすがインド文化研究の大家が書くと、カレーを題材にして、これだけのインド文化(以下にしてカレーがインドに根付いていったか)と庶民の生活(おもに奥様の貴子さんが書かれている)を紹介できるのだと感心してしまいました。
そして最後に、日本には「洋食」として入ってきたカレーが、いかに庶民に浸透し、定着していったかの物語もとても面白かったです。(他の本で読んだこととの多少の差異はありましたが)

この本には、カレー作りのレシピはあまり書かれていません。それは他の本で読んでもらうとして、「食と文化」(特にインド)の興味がある方には、絶対お勧めです。

一度面白がって、インドの友人に梅干を食べさせたことがあります。彼は、一噛みして、「ソルティ(しょっぱい)」と言ってすぐに吐き出してしまいました。普通、日本人は「酸っぱい」と言いますが、冷静に味わってみると確かに、「すっぱい」よりも「しょっぱい」です。

実は、インドのカレーも「辛い」ではなく、「スパイシー」なのです。日本人は慣れていないので、「辛い」のだと思います。デリーで泊めてもらったターバンを蒔いたスィク(シク)の人の家のスパイス棚には、チリー(唐辛子)はありませんでした。そして、「チリーは、貧乏人が米をたくさん食べるために、辛くするために使うんだ」とも言っていました。

昔、ロンドンのコーヒーショップの厨房で皿洗いの仕事(機械が洗ってくれたので、皿やカップを機械へ出し入れしただけ)をしていた時に、掃除ぐらいはするが、あとは何もしない、なんだか訳のわからないおっさんが2人いました。もしかしたら、用心棒のような存在だったのかもしれません。
彼等は、毎日来るとすぐにジャガイモと玉ねぎの皮をむいて、人参をザクザク切って、肉の塊と一緒に水の入った大きな鍋にぶっこみ、僕に、「水が無くなったら、足しくれ」と言って厨房から出て、いつも廊下でウロウロしていて、腹が減るとそれを食べていました。塩と胡椒を加えたのは知っていますが、あとは何を足したのかは、分かりません。とにかく、「毎日同じものを食べてよく飽きないな」と感心するともに呆れていました。「これだから、イギリス人は保守的なんだよ」とも思っていました。
でも、これにカレー粉を足したら、日本のカレーになります。「日本に最初にカレーを伝えたのは、イギリス船に働いていたコックだ」と、違う本で読んだ時に、カレーに入れる具の謎が解けたような気がしました。

それから、その後にロンドンのイタリヤレストランで皿洗い兼下働きをしていた時に、週に一度くらい特別料理として「カレー」がありました。まさにこの作り方でした。しかし、コメの炊き方が、日本とまるで違いました。「メイク ライス」と言われると、次のようにやりました。
1. まず、大量のお湯を沸かす。2. 沸騰したら、塩を少々入れ、2つ切にしたレモンを2個入れる。3. 米を入れて、グツグツ煮て、柔らかくなったら、ザルにあけて水を切る。
スパゲッティと同じやり方です。これは粘り気が全然なかったので、チャーハンには最適で、ご飯を茹でた時は、いつもその辺にある材料を適当に貰って、自分でチャーハンを作って食べていました。「中国人は、もっと強い火を使うんだ」と、イギリス人コックたちに教えながら。

この本を読んでいたら、南インドではこの方法で、ご飯を炊いていると書いてあったので、この方法が、正式なカレー用ご飯なのだと知りました。

カレー関係では、頑張っている友人が2人います。
一人は、レシピ本を書いたり、日本のカレー事情について積極的にブログを書いている、カレーの伝道師・渡辺玲さんで、彼のカレーに対する蘊蓄は、読むに値します。彼のブログはこちらから覗けます。http://blogs.yahoo.co.jp/akirawatanabe2191960/63556158.html#63556170

それからもう一人は、昔吉祥寺で、その後仙台に行き、今は山形でカレー屋・ジャイをやっている由利三さん。ブログを読むと、そこらのインド人経営のレストランの様に日本人舌に合うような味にしない本格的すぎる味のせいか、お客さんがあまり来ないようです。お近くにお住まいのみなさん味見してやってください。見かけは怖いですが、良い人です。その昔、まだインド人経営のレストランは東京にほとんどない頃、11PMという番組で、「東京で一番美味しいカレー」として取り上げられたりもしていました。
彼も、「カレーには日本の米は合わない」と、言っています。
http://samidare.jp/jay/note?p=profile
スポンサーサイト

地震、津波、原発事故から3カ月経ちました。

3月11日の東北沖大地震とそれに伴う津波、そして、福島の原発事故が起きてから、明日で3カ月になります。
地震と津波で多くの方々が無くなり、家を流されて仮設住宅建設を待っている避難民の方々もまだたくさんいらっしゃいます。1日も早く被災者の方々の将来が明るくなる見通しが立つような政策を立てることが政府に求められていると思います。
それなのに、早急にしなくてはいけないことが遅々として進んでいないような気がします。
原発事故の正確な情報が、迅速に公開されなかったりとか、確かに今の政権は、あまり機能していないように感じます。別に今の政権を擁護する気はまるでないですが、誰かが邪魔をしているのではないかとも思えてしまいます。そして、それを邪魔しているのは誰なのか?という議論がされていないように思えます。
そして、この期に乗じて、政権を取ろうとしている政治屋が組んで内閣不信任案を出したりしています。大体「原発は、絶対安全で、クリ-ンで、環境に優しい」と国民に信じさせ、推し進めてきたのは、どの党なのだ。そんな時間を浪費している暇があったら、自分たちが作ったもので、次の政権が苦労しているのだから、自分たちが持っている情報を全て与えて、1日も早い解決に手を貸すべきではないか。その方が、自分たちの党の人気が上がったのはないでしょうか?そうすれば、次の選挙でもんだなく政権を取れたと思います。

国民に、政治にソッポを向かすこと考えているのか?政権を取るということはそんなにおいしいことなのか?と勘繰ってしまうほどです。

地震と津波は天災なので、自然の脅威ということで、ある程度の諦めがつく方もいらっしゃるかも知れません。しかし、どう考えても原発事故は、許せない人災です。

先日、東電を退職した知人に、「何でもっと大きな地震や津波が来ることを考えなかったのか?」と尋ねました。彼の答えは、「もっときちんとやろうとすると、政府の補助金が打ち切られてしまう」だった。住民のことなど考えずに、適当なところで馴合いの双方が折れたということではないでしょうか?

大人には、子どもたちに、「きれいな地球を維持し、渡していかなくていけない」という責任があります。僕は、断固そんなものは作りたくないです。大体、地球温暖化は、ガセだという噂もあります。

このような危ないものの存在が、「本当に必要なのか? 替わりのものはないのか? それに対して我々のできることは何なのか?」を、人類にもう一度考えさせてくれる事故となって欲しいと思います。今まで使い過ぎていたのだから、それまで節電することは、国民は納得すると思います。
それでなければ、こんなにたくさんの亡くなった人たち、現在もまだ希望をみいだせない被災者の方々が浮かばれません。

また本の話

本
「紅茶の国 紅茶の旅」 磯渕 猛著 ちくま文庫 200年7月10日 発行
いつも様に昼飯時に、主に日本の演歌が流れる安い中華レストランで読みました。何故か中国の人は、日本の古い演歌が好きなのだそうです。アラブから日本までの歌を聴いていると、西洋音楽の五線譜で表せない音(つまりその間のコブシまわし)が多いですが、それが万国共通の気持ちよさなのかもしれません。(少し話が外れました)

紅茶の商いをしている著者が、世界3大紅茶の産地である、スリランカと中国の幻の紅茶と言われるキーモン茶の産地(ちなみのもうひとつは、インドのダージリン)と、若い時にイギリスのプランテーション開発のためにスリランカに渡り、現地での紅茶作りに一生を捧げたスコットランド人の故郷訪ねたりする旅行記です。

アジア好きの僕としては、前半の中国とスリランカは、面白かったのですが、後半に彼が訪ねたスコットランドやイギリスの話は、著者の古いイギリスへの思い入れが強すぎ、はっきり言って退屈でした。

それから、「茶の木」は基本的に全て同じで、製法の違いで、緑茶、紅茶などの違いが出来ますが、その製法やそれぞれの特徴などを知りたい方にも、書いていないのでお勧めできません。

ただ、中国の人たちとお茶の関わり方の描写と、お客さんと訪ねたスリランカの紅茶園の話は、非常に興味深く読ませてもらいました。

お茶は中国が発祥で、それが世界中に広がった訳ですが、アジアの国々では、「チャ」、「チャイ」と呼ばれ、英語ではなんで「ティー」なのだとずっと疑問になっていました。
試しに例の中華レストランの女の子に、「茶」を読んでもらったら、「チャ」でした。いろいろ調べてみたら、イギリスが紅茶を積み込んでいた中国の港があった福建省のアモイ地方の方言が語源だと分かり、福建省出身の人を見つけ、この「テー」という発音を聞かせてもらった時は嬉しかったです。

この本の中で、「砂糖は高い」という表現があったので、思い出したのですが、アフガニスタンでは、あの当時チャイは、小さなポット1杯2アフガニでした。チャイは、緑茶と紅茶があり、「グリーン」か「ブラック」を選ぶと、砂糖が入った小さなガラスのカップと一緒に運ばれてきました。最初の一杯目は甘くておいしかったのですが、2杯目は砂糖の甘さはほとんどなくなってしまいました。そこで、砂糖だけをもう少しくれと言うと、「1アフガニ」と答えられ、諦めました。イランでも、やっぱり砂糖は高く、お茶代の半分の代金を請求されました。

サモワールの話も出てきました。トルコでも使っていて、最初に見た時に、寒い時には暖房にもなるし、飲みたい時にすぐに茶が飲めるので、「これを作った人は凄い」と思いました。
でも、数年前にイスタンブールに行った時に、バザールなどで、独特のお盆に茶と砂糖のセットを乗せて運ぶお茶屋さんの姿は変わっていませんでしたが、トルコの紅茶もアップルティーが主流になってしまっていて少し寂しかったです。

それからもうひとつ思い出したのは、トルコの安宿に泊まって朝食堂に行ったら、オヤジさんが、大きな砂糖の塊をクワを小さくしたようなもので、小さく砕いて、角砂糖を作っていました。見ていたら、簡単そうだったので、やらせてもらったのですが、上手くいかなくて、迷惑をかけてしました。
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。