スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根

兵庫県の専業農家の方のところで採れた大根の面白い形のものを「捕まえられるかな?おれは、踊るだいこん男だ!」というタイトルでTwitterに載せたところ、海外でも話題になっているそうです。八百屋さんで売られている白くてまっすぐな大根からは想像ができない奇形になっています。
面白いので、見てください。http://entabe.jp/news/article/1004

大根はあの図太い形から想像できないですが、結構繊細で、土が硬かったり、成長途中の土中に石や肥料などの障害物があると、それ以上伸びなかったり、それを避けて成長するということを自分で作り始めて知りました。つまり、この写真の大根は失敗作なのです。これだけ完璧な形をしていると面白がって買う人もいるかもしれませんが、、、、。

我が三鷹ちびっ子農園でも毎年大根を作る時は、他の野菜よりは少し深く、丹念に耕すのですが、だいたいは、途中からの枝分かれが多いですが、どうしてもいくつも面白い形のものができてしまいます。「恥じらう女性」と名付けたいものなどもできます。

この写真の大根は、こうことを全て知っている筈のプロが作ったものなので、もしかして、デザインを考えて、予め石などの障害物を土中に埋めておいて意図的に作ったのではないかとも想像してしまいます。

この写真を観た時に、一瞬、「負けないものを作りたい」と思ったのですが、他のメンバーが許してくれないだろうな。

外国で大根をあまり見なかったような気がします。ネパールで細くて20cmぐらいの大根が売られていたのを思い出すぐらいです。
お腹を壊すと、それを買ってきて、生のままガリガリ齧っていました。効くかどうかは別にして、あの辛さがお腹を刺激してくれて、さっぱりしました。
今でも間引きした(1か所に3粒の種を撒きます)小さい大根をたまに齧ってみますがやっぱり辛くて、身体がキーンとなります。
スポンサーサイト
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。