スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有権者の47.74%の人へ

今回の参議院選挙の投票率が52.26%で、与党の圧勝でした。
残りの47.74%の人たちにはどうしていたのか?これが大変に疑問ですし、悲しく思いました。そんなにたくさんの人が病気にでもなっていて、投票に行けなかったとは思えない。
この投票しなかった人たちが投票に行ったら、結果は絶対に違っていた筈。

自分の直前のバーチャルなネットを観たり、ゲームなんかしている間に自分の住む現実のこの国が自分の意にそぐわない形なっていっても本当に良いのですか?と聞きたい。

若い人と話すと、よく「政治は難しい」と答える。政治家になって国会議事堂に行き、政治を行うことは、国際社会の問題、官僚機構の問題などなど想像できないくらいの障害があるようで、確かに難しいかもしれない。国民のためを思って何かをやろうとして、潰されてしまうこともあるようです。

でも、投票は全然難しくない。
自分の関心のあることに関して意見がより近い人や党に投票すれば良いのだ。
例えば、原発反対ならば、「反原発」の人や党、戦争をしたくない人は、「改憲反対」の人や党、消費税を上げて欲しくない人は、「反消費税値上げ」の人や党。TPP反対ならば、「反TPP」の人や党。自分が関心のないことや分からないことは考えなくても良いと思う。景気に関しては、難しくて良く分からなったら、考えなくてもいいと思う。ただ、「景気が良くなった」と言われても自分で実感出来なかったら、「今の政策が良いのか?」と疑ってみても良いかも?「株が上った」と言われても、持ってもいない一般大衆であるこちらには何の関係もない。値上がりした会社の資産がバーチャル的に増えただけ。

実際、円高になって儲かっているのは、輸出をしている大会社だけで、資材を輸入している部品納品業者は、円高だからといって納品金額を値上げしてもらえる訳でもなく、利益が減っているだけです。うちの商品も輸入品なので、仕入れ値が上っています。でも、お客様に悪いので、売値を上げるわけにはいきません。じっと我慢の子です。
いくらマスコミで、「景気が良くなっている」と報道されても、こんなことからも今の政策が良いのかどうか大変疑問です。

今回(前回の衆議院選挙もですが)の与党の大勝は、前の政権党が途中で内部分裂したりしてあまりにだらしなかったので、そこに投票していた人たちの票が与党プラス新しい少数政党に流れたといわれています。どちらにしても、一般大衆というよりは企業の味方という意味で同じ穴のムジナ。ほんの少しだけ言い方が違うだけ。この辺だけで政権争いをしている間は、いくら政権が変わっても世の中はほとんど変わらないでしょう。特に今度の政権は戦後最悪ですが。。。。

本当にこの国を変えたかったら、選択肢は他にもあります。今回少し共産党(別に応援している訳ではないですが、対象として分かりやすい)が延びましたが、もしもっと伸びたら、与党としてもある程度は共産党の意見に耳を傾けなければいけなくなります。そうなると、この国は相当変わります。そして、もし共産党が非常に伸びて、増長を感じたら、投票しなければ良いだけです。

今回の選挙はもう終わってしまったので、与党内での内輪もめなどがあって分裂して、衆議院が解散しない限り、3年後の参議院選挙まで国政選挙はありません。それまでしばらくはどうしようもないですが、次回の選挙はみんなで一泡吹かせたいと思いませんか?
スポンサーサイト

交通法規

最近は交通法規(ルール)を守らない奴が多くて困ると日頃嘆いています。

先日、出勤途中に乗っていたチャリのチェーンがはずれ、この暑さの中を30分も押して歩きました。開店時間は遅くなるし、散々でした。
チェーンがはずれたのは、この1カ月で3回目でした。押しながら歩いている途中、「これまでは自分で直していたが、これだけ度々はずれるのは、チェーンが伸びてしまったとかのなんだかの理由があるに違いない。一度自転車屋さんに持って行って調べてもらおう」と決心しました。案の定、「チェーンが古くなって伸びたので、換えないとダメですね」と言われてしまった。なにしろ、20年ぐらい前に知り合いの自転車屋さんから、新聞屋さんが下取りに出した自転車を譲ってもらったものだから、立派なアンティークとも呼べるものです。その時に整備代として1000円払いましたが、その後タイヤを換えたりなど、様々なところにガタが来たのでいろいろ直しました。合計3万円以上は使っています。考えてみると、新しいものを買った方が安いかもしれません。でも今は、これだけ付き合ったのだから、車体が崩れるまで使ってやろうと思っています。昔の頑丈な自転車なので、一向にその気配はないです。でも、いろいろ不具合があります。チェーンを換えてもらう時に自転車さんと話したら、「前後のタイヤを含め、今ガタが来ているところを完全に直したら、2万以上はかかる」といわれてしまった。
決断の時なのかもしれません。

ところで交通法規ですが、このチャリを押している時に、「歩行者は右側通行で、自転車は左側通行だけど、この状態の今はどっち側を通行するべきなのか?乳母車は右だろうけど、台車もどっちなのだ?」という疑問がわいてきました。駐輪場のおじさんに聞いてみると、意見が分かれました。こうなったら、お巡りさんかいないと思い、いつも通る交番の前に立っていたお巡りさんに聞いてみました。
お答えは実に簡単。「オートバイも自転車も人が押しているものは歩行者と同じ扱いで、歩道を通り、横断歩道を渡る」とのことでした。ということは、台車もそうです。でも、オートバイを押した人が歩道を歩いていたら、邪魔でしょうね。それに、歩道橋は無理ですね。

昔、デリーの街中の音を録ってこようと思い、オールドデリーで歩きながらテープレコーダーで録音したら、ほとんどはザワザワと人の話す声、たまに店から流れていたラタ・マンゲシュカールの歌声、そして甲高くも美しいリキシャーのベルの音だけでした。

テレサ・テン(鄧麗君)

テレサ・テン(鄧麗君)のDVDが、「生誕60年」記念として発売されると聞きました。
「そうなんだ。生きていたら今年で60歳なんだ」若くして(と言っても18年前だから、42歳)亡くなってしまったので、若い時(?)の印象しか残っていない。とにかく彼女の歌は良い。彼女が歌う「何日君再来(ホーリーチュンツァイライ)」」などの古い中国の歌も良いが、特に日本の歌を中国語で歌うと最高だった。日本人が作曲したメロディーが美しく、中国語の美しい響きがそれにピッタリ符合してなんとも良い。CDを何枚も持っているし、香港で海賊もののVideoを何枚も買い込んだこともあります。
ただ一つ気に食わないのが、少し前から患っていた気管支喘息で亡くなった時にチェンマイのホテルに一緒に滞在していたのがフランス人のカメラマンだったこと。何故か、理由は自分の中ではっきりしないのですが、せめて、中国人か日本人であって欲しかった。
彼女が亡くなった翌年にチェンマイに行った時に、空港の案内所で買い物に便利なようにナイトバザール近くのホテルに泊まろうとしてホテルカタログのページをめくっていたら、「マエピンホテル」の文字が飛び込んできた。値段を見たら、最低料金はそれほど高くなかった(彼女の部屋はもちろん最上階の最高の部屋だったそうです。景色が良いだろうな)ので、一晩だけ泊ってみた。庭は広く、調度品は豪華で、さすが老舗の豪華ホテルでした。
そして、朝食のためにレストランに入れば、「ここで彼女も食べたのだろうか?」と考えたり、チェックアウトの時にフロントで彼女のことをいろいろ質問したりしてしまった。

生前、国交のない台湾のパスポートだと日本入国が面倒ということで、インドネシアのパスポートで日本に入国しようとして入国拒否されたり、父親の関係で国民党の宣伝に使われ、国民芸人と呼ばれたり、中国の民主化運動に関与したりした。チェンマイの滞在も中国との国境にいる国民軍との関係かと疑われたりもした。とにかく、晩年はなんだかよく分からなかった。
今は、彼女の遺体は火葬されないで、防腐加工されて土葬されているそうです。これで50年間は生前の姿でいるそうです。

なんだかんだと言っても、彼女の歌はやっぱり良いのだ

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。