イスタンブールにして欲しかった


先日の日曜日の朝、テレビのスイッチを入れたら、日本の首相の得意そうな顔がアップにされていた。その瞬間に、2020年のオリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まったことを悟りました。
スポーツ関係者の方々、旅行関係の方々、とりわけこれから施設をたくさん作る建設業界、その献金を受ける自民党の皆様はさぞお喜びのことでしょう。それに消費税アップの大義名分が立ちました。7年後までに一般大衆にそのおこぼれが回ってくるのか?

勝因は、「福島の原発事故の放射能問題は東京には一切関係ない」と首相が保証したし、「漏れている汚染水は政府のコントロール下にある」と断言したことでという。普通に生活している市民に正確なことを逐一発表しなければ、いくらでも「東京に関係ない」、「汚染水の心配はない」と言える。その2日後に東電の社員がその問題を聴かれてしどろもどろの答弁をして、海に流れ出ていることがばれてしまった。政府のコントロール下にあった情報が漏れてしまったのだ。それに、参議院選の前に汚染水漏れの問題が発覚し、それを政府は把握していた筈なのに、発表は選挙後だった。
世界に約束したことなので、原発事故の後始末に本腰を入れてやってくれればいいが、開催地決定に浮かれて、福島の人たちの現実がマスコミから遠ざかってしまわないか、とても不安です。
福島を取材している知人は、「土地に留まっている人たちに被爆は確実に進んでいる」と言っています。
ウソまでついて勝取った開催地で、日本国民が100%喜ぶのかも疑問です。

さて、僕は、「いろいろなところに行っていますが、どこか一番好きですか?」と聞かれると、歴史のある街並みと暖かいトルコの人たち(絨毯屋を除いて)を思い浮かべ、「都市としてはイスタンブールが好き」と答えます。
マドリッドも昔2度にわたって何カ月か滞在したことがあり、ここでもスペインの人たち暖かさに触れ、好きになりました。東京と一緒にこれらの都市が立候補していたのを知って、どっちかが良いなと思っていました。

投票日の前日(というか、時差の関係でその日)、テレビでオリンピックの解説番組を観ました。それによると、第1回は、「世界の平和と融合はスポーツが最適」とのことで、参加国・地域14、参加人数245人というように西欧貴族の遊びのような形で始まったことを思い出しました。(「平和」を旗印にしているけれど、歴史を見ると、そうではないことに利用されたりもしていますが)
その理想のためだったら、やっぱりイスタンブールが最適だと思いました。今までイスラム諸国はゲームには参加してはいますが、石油でお金持ちになった(トルコでは石油はあまり出ないようですが)今まで開催されていません。南米は今度のリオデジャネイロが初めてですし、アフリカはまだありません。(FIFAのワールドカップは2010年に南アメリカでありましたし、2022年にはカタールでありますが)「融合」を旗印にするならば、そろそろイスラム諸国での開催があっても良いのではないか、今は外国からいろいろな圧力があって混乱しているアラブの国々ですが、メンツを重んじるイスラム教徒の人たちなので、これが決まったら一気に解決の方向に向かうかもしれない。

日本とイスタンブールとの決選投票が決まった時に、JOCが上記の理由で開催地をイスタンブールに譲ったら、日本の国際的評価は上がったと思います。非常に残念です。

今朝のニュースで旅行中の日本女性2人がトルコのカッパドキヤで殺害されたと知りました。同じ民族ということで親近感を持ってくれていて、江戸時代に難破したトルコの船の船員を助けたことなどで、トルコでは日本人はとても好かれていますが、今回のことが原因で嫌われてしまったということはないとは信じたいですが、、、、、。
スポンサーサイト

Saroyanの続きの続き


6月後半からSaroyanが、一応まともに輸出してくれることになったのですが、クラフトマンが辞めてしまい、生産能力が落ちたままなので、注文が制限されてしまっています。
6月末に再開したので喜んで発注したら、「注文量が多すぎる。3分の1に減らせ」と言われてしまい、仕方なく減らしました。お客さんに言われてサイトを見たら、「1カ月の5セットのまでの注文」と書いてあります。長年のよしみ(?)で、うちにはもう少し多く送ってくれますが、、、。

先月、「送れる時になったら、送ってくれ」と添え書きして発注したのですが返事が無いので、その後とぼけて何回か同じ文面で発注をして、やっと先日入荷した分の数種類がすぐに売り切れてしまったし、お客さんから売り切れたもののご注文もあったので、また注文を出したら、「おまえのところには8日前に送ったばかりだから、今は注文を受け付けられない。毎日世界中から注文がたくさん来ているので、お前のところだけに送ることは出来ない。1か月に1回までしか注文を受け付けられない」という返事が来てしまった。
そんな訳で、次回の入荷は10月の前半になってしまいます。

「作ったものがすぐに売れるなんて、良い商売だな。うちなんて何年も前に入れたものがまだある。それに、注文して文句言われるなんて初めてだ」とひがんでいても、怒っていても仕方ないのですが、、、。

とにかく、うちに頼ってくださるお客さんには、「すいません。Saroyanがこんな状態なので、少し待ってください」としか言えないところが辛いです。
でも、「ネットで入荷したのを知ったので来ました」と、昨日ご来店されたお客さんのように、試し鳴らしをして、どっちにしようか少し悩んで嬉しそうに買って行かれる姿を見ていると、救われます。
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR