脳トレ・ドリル

最近は、朝トイレに行き、そのまま寝られないで、頭も身体も起きたくないけど寝られないから不本意ながら起きることにすることが多い。
いろいろと悩みが多いからかもしれない。

そんな時はパソコンの前に座り、「脳トレ・ドリル」をする。日本語をランダムに並べられたアルファベットを順に選び英語に訳す「英語クイズ」、9つの漢字を組合わせて3つの熟語を作る「三文字熟語」、○X○―(または+)=○の答えだけ出ている計算式に1から9までの数字を入れて数式を完成させる「計算クイズ」、「クロスワードパズル」、1つの国旗と4つの国名が列記されていて、そこから国名を当て、次に都市名4つのうちから首都を当てるという「国旗クイズ」がある。

「英語クイズ」は、自分の単語の覚え方のいい加減さに驚いたりします。
「三文字熟語」は、今まで一度も間違えたことがない。つまり誰にでも簡単ということ?
「計算式クイズ」は、寝ぼけていて、―と+をたまに間違える。5を使うと計算が簡単なので、5を多用しすぎることを最近気付き、なるべく使わないようにしようと思ったが、今日も多用してしまった。
「クロスワードパズル」は、その時によって解りやすい時と、解りにくい時がある。たぶん作者が何人かいて、その作者との相性の問題ではないかと思います。
「国旗クイズ」は、まず1枚の国旗が出てきて、列記されている4つの国名からどこの国の国旗か選ぶ。正解すると、次に首都候補が4つ現れ、そこから首都名を選ぶというもの。
これが意外に面白い。学校というものから離れて45年もたっている。その間にアジアやアフリカで独立した国がたくさんあり、聞いたことがない国名がどんどん出てくる。
こうなると記憶力ではなく、想像力の領域になってくる。列記された4つの国名から、削除法、関連法など、何でもできる限りの脳力で答えを探す、たとえば、「月があればイスラムの国かもしれない」(しかし、アラビヤ半島の国々は月を使っていない国が多い)とか、「ユニオンジャックが端にあるからイギリスの関係国」(インドの国旗にはないが)とか、「この模様は仏教的なので、仏教国」などと勝手に想像して答える。3回目でやっと当たるということもたまにあります。
国名が当たると、今度は首都名だ。「シンガポールの首都はシンガポール」のように簡単だと良いが、そうではない聞いたことも無かった国の場合は、まず国名の感じでどの辺の地域かを想像する。そして、アフリカの国だろうと想像したら、スワヒリ語などの「アフリカ言語」っぽく発音しそうな首都名を選ぶ。しかし、「セント何々」とかの英語を使っていられたりもするので、これが意外に当たらない、
アジアの国々ならばほとんど分かると思っていたら、タイの国旗を間違えてしまった。「タイの友達。ごめんなさい」と心の中で謝っておいた。

こうして頭も身体も目覚めさせてから朝食の用意に取りかかるのだ。

そう言えば、まだ大好きなアフガニスタンでが出てきていない。たとえ変わっていたとしても、一発で当てたいな。首都名は変わっていないと思う。
調べれば分かるが、調べたくない。

スポンサーサイト
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR