スナップエンドウ

和が「三鷹ちびっ子農園」では、毎年スナップエンドウを作っています。
10月末ごろに種を蒔き、越冬させて5月の中ごろに収穫になります。

発芽率が100&ならば、1か所に種は1つで良いのですが、そうではないので、2つ巻きます。2,3週間して、蒔いたところに0から2つの芽が出てきます。それから、寒冷紗というネットをかけて、春が来るまで寒さと霜から守ります。その間ほとんど成長しません。外の空気よりは暖かい地中にしっかり根を張っているのでしょう。少し暖かくなって葉が鮮やかな緑に色になってきた時に寒冷沙を剥がし、1つも出なかったところに2つ出ていたところから1つ移動し、支柱を立ててネットを張ります。温かさが増すにつれて、どんどん成長して、やがて実をつけてくれます。

去年までは、蔓が伸びてきて通路に倒れてきたら、ロープを張る程度のことしかしなかったのでうが、収穫の時に蔓が入り組み過ぎて中の方の実を採るのが難しかったと意見があったので、今年は、実の成らない孫蔓を摘芯することしました。なにしろ初めてだったので、初めのうちはどれが孫蔓なのか分からず、まごまごしてしまいました。
どれが孫蔓なのかの判別をつけるためにじっくり観察していたら、メカニズムがみえてきました。
孫蔓は、親蔓と子蔓が倒れないように蔓の先に細い髭のような物を出し、ネットだろうと、他の蔓だろうと、近くのものに絡みつきます。意外に力が強いらしく、親蔓や子蔓が曲げらたりしていました。だから中が混み合ってしまい、収穫の障害になってしまった訳なのでしょう。
下の方の孫蔓は摘芯しましたが、一番上の孫蔓は親蔓や子蔓が次週まで倒れないように残すことにしました。
孫蔓の先をネットのヒモに触れさせてやり、次の蔓に取り掛かっていると、いつの間にかその孫蔓の先はヒモに絡み付いていました。眺めていたら、何故か自然に髭が丸まっていき、しっかりからみつきました。面白くて、じっと観察してしまいました。

キュウリは蔓の途中から髭のようなものが伸びてきて近くのものに絡みつきますが、エンドウがからみつく早さに比べると実にゆっくりしいます。

残念ながら、葉が粉をふいたようになってしまううどんこ病になってしまったためか、2週間しか収穫できませんでしたが、美味しくいただかせてもらいました。

同じように10月ごろ種を蒔いて越冬させるノラボウは、春先から2ヶ月近くも収穫できて、非常に効率が良いです。

「桜の様にほんの一時だけだから価値があるのだ」と納得するしかないですね。

スポンサーサイト

逮捕された元プロ野球選手の公判

元プロ野球選手が法律的に使用を禁止されている麻薬を使用したことで逮捕され、その初公判が今日あるとのことで、朝のニュースショーは大騒ぎだった。
その公判の傍聴券をえるために集まった人が何人いるとか、何時からその列に並んでいるのか、どのような意図があるのかなどなど、、、、。でも、自分のところから、同業者たちからお金が渡って並んでいるバイトの数は言わなかった。

戦時中にはこの薬は兵士を鼓舞するためや国民を働かせたりするために政府は平気で使用していた代物だったと思う。
そういえば、45年以上も前に初めて香港に行った時に横道にあった屋台で毎日朝食を食べたが、港湾労働者のおっさんたちが朝食後にたばこに白い粉を混ぜて吸ってから仕事に出かけるのを何度も目撃したのを憶えています。

その年のドラフト時、「プロには行かない」と言っていた同じ高校の選手が、彼の希望球団にドラフトで1位指名され、入団してしまい、この選手は、自分は熱望していた球団には入団できずに他球団に入団した。別にこの選手のファンではないが、その時は、その球団の汚さに憤慨し、この選手に同情しました。

「男、なんとか」とは呼ばれていたのだから、もう少し精神的に強い男かな?と思っていたが、選手生活の晩年にその球団に入団した時は、開いた口が塞がらなかった。「何と弱い男だろう」と。
他の球団の選手として立派に大と言ってもよいほどに活躍したのだから、もう吹っ切れていると思っていました。

吹っ切れなかった弱さが、自分が強くなれると錯覚させる薬に手を出してしまった原因だとすると、この男がこうなってしまった責任の一端は、その球団にもあるのではないかと思う。
もちろんこの男が一番悪いのは当たり前だが、哀れに感じてしまう。

インドノ食料品を仕入れてみた

最近力を入れているインド映画のDVDは、固定のお客さんはいますが、残念ながら数が少ないのと、「これだ!」という映画は日本で上映され、日本語字幕のDVDが発売されてしまいます。
そして、日本語字幕のインド映画を観て興味を持って、英語字幕でも他の映画を観てみたいと思う人たちが増えることを期待しましたが、やっぱり無理があるに思えてきました。非常に残念です。

話題の新作映画や「これを観て欲しい」と思う映画は入れ続けますが、主力商品にはなりえないという結論に達したので、普通の人たちが興味を持ってくれるような何か別の商品をと思い、インドの食料品を入れてみることにしました。

旧知のアジアハンターの小林さんから仕入れ先のアドバイスをえて、チャイ用のCTC紅茶、チャイ用スパイス・チャイマサラ、レトルトカレー、カレー用スパイスのガラムマサラ、キッチンキング、クミンパウダー、インドのせんべいとも言えるパパド数種、お菓子類いろいろ、インドの漬物・チャツネなどを仕入れてみました。

やっぱりチャイはとっつきやすいのと値段が安いので、好調です。肉好きの日本人には「味が淡白」とのことで、ベジタリアン用のカレーは、残念ながらあまり受けないようです。好きな肉をいためてから、少し一緒に煮込めば美味しくなると思うのですが、、、、。

パパドは、インド料理屋さんで食べたことがある方は、「あれね」と言って買ってくださいます。

お菓子類は、安くて手軽なので、面白がって買っていかれるようです。試食用にと開けた「All in One」というお菓子が、美味しいのですが、後でスパイスが喉にきます。近くのインドレストランでビールを頼むと、つけ出しに付いてくるようです。これでいっぱいビールを飲ませようという魂胆なんでしょう。
違うお菓子を試食用にしないと、「インドはお菓子も辛い」と思われて、敬遠されてしまう心配があります。どれにしようかな?
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR