きゅうりが死にそうです。

我三鷹ちびっこ農園ネットワークにこのタイトルのメールが送られてきたのは、水をやりに行ってくれた会員の一人の方からでした。
毎年4月末あたりにトマトは自分たちで苗を作る世になりましたが、きゅうりとナスは苗を買ってきて定植します。
4月に入ってから肥料を撒き、畑を耕して畝を作って準備をします。畝を作ったら、地温の上昇と、保水を図るために穴のないビニールのマルチシートを張ります。しかし、僕のいない時に作られたきゅうりの畝は、今年用意した穴なしマルチは幅が小さく、畝を覆えなかったので、穴開きマルチを使うことになってしまったとのことでした。
そして、その2週間後に定植でした。すっくと立つ「木」になるナスなどとは違って、キュウリなどの蔓ものは、何かにつかまって登ったり、地面を這って伸びていくので、根は下に伸ばす必要がないので横に広がります。そのため肥料は浅いところにまんべくなく撒かないといけません。しかし、先頭に立って畝を作った人がこれを理解していない心配がありました。畝を作った時にいなかったので、定植直前にその人にどのように肥料を撒いたか聞いてみましたら、「ナスと同じように肥料は深く埋めた」とのことでした、根はその深さまで行かないので、何の意味もありません。もうすぐに定植が始まるので、とにかく開いた穴から化成肥料を入れないと思いましたが、まだ登園時間前だったので人手がなく、長いこと来ているが全然仕事をおぼえようとしないおっさんしかいなかった。仕方がないので、そのおっさんに事情を簡単に説明して作業を始めてもらい、もちろん自分でも必死にやり、「やれやれ、やっと一段落」して、「終わったよ」と去って行ったおっさんに頼んだ場所を見ると、ほとんど頼んだ通りになっていない。心配が現実化してしまった。この時点で頭は真っ白(外見ではなく、内側です)。すぐさま修正をしているところに苗が届いてしまった。
朝のミーティング後、キュウリの定植が始まった頃にはマルチの問題は頭から飛んでいました。その日定植して3,4日後にこのメールが届いた。

次の日曜日に登園してみると、40本近くがほとんど枯れていた。蔓が細くなり、そこから切れているものが多かった。そこから先に行くべき水分がなかったからでしょう。
「もし定植前にする穴にびしょびしょになるくらい水を十分入れていれば、、」と大反省させられました。

生き残った苗も、新しく買って定植した苗も順調に育っているので、これからは心配ないでしょう。

それにしても今年の天候は不順です。梅雨入り宣言があってからも雨は降らないし、気温の寒暖差が激しい。天気予報を聞ける人間でも風邪をひくのだから、それが出来ずに外にいる野菜たちはどうして良いかわからないんだろうな。

農業は自然が相手なので袖の下も効かないし、世話をするのがけっこう大変です。だからこそ面白いとも言えます。

プロの方からは、「どうせ遊びだもんな」と言われそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR