スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語吹き替えインド映画

カミサンが面白がってシャー・ルク・カーン(Shahrukh Khan)主演の「マイネーム・イズ・ハーン」(My Name Is Khan)を買いました。
同じKhanなのに、シャー・ルクの時は「カーン」で、タイトルは「ハーン」とDVDに日本語で書いてあるのが、ヒンディ語を知らない人は混乱を起こすかも?発音の仕方は、映画の中でシャー・ルク・カーンが実際に発音して説明していますが、KとHを一緒に発音する感じで、日本語にはないものです。実際注意して聴いていると、インドの人にはきちんと聞きとれるのでしょうが、こっちの耳が慣れていないせいなのか、Kに聞こえる時とHに聞こえる時があります。

さて映画ですが、まずオリジナルのヒンディ語か日本語吹き替えかの言語を選びます。それから字幕を選びます。字幕は、日本語、英語、無しかの3種あります。

最初は日本語吹き替えで観てみました。実に分かりやすかったです。
2回目は、ヒンディ語で日本語字幕。これも分かりやすい。
3回目は、ヒンディ語で英語字幕。英単語自体はそんなに難しくないのですが、字幕が結構長いので、読み終わる前に次のセリフになってしまうことが何度もありました。
最後にインドで映画を観るようにヒンディー語で字幕無しで観ました。先にかなり分かっていたので、ストーリーだけは結構理解できました。そんなに難しい映画でもないですが、、、、。
でも、順番を逆にした方が、ヒンディ語の勉強にもなったし、「想像力」なども鍛えられたかも知れないと、少し後悔しました。

当店では、ヒンディ語で英語字幕を扱っていて、お客様から、「日本語字幕のものは無いですか?」とよく聞かれる理由をはっきりと自覚しました。しかし、あまりにも日本字幕などのインド映画DVDが出回ると、こちらが商売にならなくなってします。インド映画が認められることは嬉しいけど、困ったことになってします。

以前、「日本語字幕付き」というDVDをインドから入れたことがありますが、翻訳機で訳したらしく、意味の通じない個所がいくつもありました。それを面白がって買ってくれたお客さんがいましたが、それからはインド製の「日本語字幕」は入れないようにしています。と言っても最近はほとんど見かけません。

そして、英語字幕で観ていて思ったのは、英語はスペルの長いものなどがあり、全体的にどうしても文字数が多くなってしまう。だから読むのにどうしても時間がかかるのかもしれない。しかし、漢字というものは一文字で意味があるので、あまり文字数を必要としない。なんと便利な言葉なんだろう」ということ。でも、もっと英語に堪能な人は「どっちも同じだよ」と言うかもしれません。

映画自体は、「オバマだいとうりょうがあまり似ていない」というカミサンのクレームがあるし、話しが上手くいきすぎるということもありますが、全体的に良く出来た作品だと思います。
カラン・ジョハール監督お得意の「お涙頂戴シーン」(これが嫌いというお客さんもいます)もそれほどしつこく感じませんでした。

日本語で英語字幕のものを観ていた時に、40年以上前に少しロンドンに居た時に、「日本映画特集」というのがあり、「日本映画を観るイギリス人の反応」が見たくて、映画館に行ったのを思い出しました。仲代達也主演の時代劇でした。台詞は日本語のままで英語字幕が付いていましたが、たまに、「そうじゃないだろ?!」と言って、字幕にツッコミを入れていました。それから、スエーデンで観た「性教育映画」をやっていたので、どの程度カットなどがあるかどうか調べるために観に行きました。スエーデンで、友人から凄い映画をやっていると言われて、この映画を観に行きましたが、日本では絶対観られないシーンがたくさんありましが、性教育映画なので、全然卑猥ではなかった。観客はいやらし眼の男だけだろうと思っていたら、若いカップルなどが来ていて驚きました。
イギリスはノーカットで上映されていました。その後日本に帰ってからこの映画を観ましたが、カットやボカシが入って、崇高さのようなものが消え去り、意図したものと全然違う映画に感じました。

ついでに、ロンドンで日本の真珠湾攻撃を描いた「トラ、トラ、トラ」という映画を観た友人の話だと、日本軍の飛行機が爆弾を落とすと、あちこちで、「チェ、チェ」という声がしたそうです。僕がイスタンブールでこの映画を観た時は、観客の反応が天と地ほど違い、こういう場面には拍手がわいていました。歴史の違いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。