餅つき

我三鷹ちびっ子農園では、毎年最終日曜日に餅つきをします。

1口(1臼分、3Kg)単位、2口まで申し込みができます。つき手不足、高年齢化(若い人が少ない)のためになるべくつく量を少なくしたいのですが、毎年上げる人の喜ぶ顔が見たくて、そのぶん一生懸命働けば良いのだと思いながら、今年も2口頼みました。
お陰さまで、最初にこねる時(これが肝心で、これを十分やらないと美味しいお餅が出来ない)に踏ん張った両足と杵を持ち上げた右腕の筋肉が痛くなっています。

もち米は、僕は店番のために行けなかったのですが、前日に行ける人たちが集まって研いで、水につけておいてくれました。
今年は、あいにくの雨でしたが、先週と前日に張ったビニールシートの下で、朝の8時頃からつき始め、酒を飲みながら、途中おそばを食べたりして、2つのカマドと2臼使って次から次へと、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら、予定よりも早く、1時過ぎまでに30臼つきました。

会長(さすが)を含め何人かの人たちは良くやってくれましたが、ここでもおもしろい人間模様が垣間見られました。
1. 筋力の関係で、女性たちはのし係(若い人でつきたがる人もたまにいますが、今年はいませんでした)で、男性たちがつき係ですが、つく方には一度も来ないで、のし係だけをやる男(去年もそうだった)。今年は、つまらないことに文句を付けていたそうです。「腐った女の様な男」という表現がありますが、まさにそれ。
2. 力を使わないといけないのしの時はほとんど休んでいて、つき(目立つ)だけやる人。
この人は、途中からつく方にはあまり出てこなくなった。
3. 朝から全力で飛ばし、途中で疲れてしまった人。(約2名いましたが、よくやってくれました)
4. 腰が痛くても一生懸命は働こうとしている人。
5. ほんのおしるしだけ働いて、あとは普段通りにおしゃべりをしている2人の男。(他の人が、「またやっているぜ」と怒っていました。こういう人たちが邪魔。
6. 座って酒を飲むだけで、あまり働かない人。この人も邪魔。
6. 奥のもう一つのカマドで、臼や杵を温めるためや蒸すためのお湯の補充などに必要なお湯の管理だけをしていて、つく方にほとんど出てこない少し若い男もいました。この男も普段ど通りでした。

私? 夕方からの店番を考えながら、力をセーブしながらもカマドに載せていた米の管理(つく前に蒸れたかどうかを判定する)、こねもつきもあちこち動き回りながら、当然一生懸命やりました。 

タイ北部のチェンマイやイサーン(東北)地方ではもち米が主食で、レストラン行くと、小さな籠に入っておかずと一緒に出てきます。それを右手で少し取り、すしの様に軽く握っておかずの汁に付けて食べますが、これが結構好きで、昨日はお腹が空いてきた時にはもち米が蒸れたかどうかみる度に、何か汁は無いかな?と思っていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR