吉祥寺で強盗殺人事件

あってはいけないことが起こり、お客さんや友人から、「大丈夫ですか?」という声をかけていただきました。
犯人の1人はその日のうちに捕まり、もう1人は3月3日に捕まりました。
この事件は解決済です。もちろんこちらには何の影響もありません。ご安心を。

若い女性が襲われたので、こんなにセンセーショナルに扱われましたが、もし駅の北東側にある歓楽街帰りのもっとお金を持っていそうな酔ったオヤジが襲われたら、マスコミもこれほど騒がなかったかも知れません。
犯人たちも気が弱いのでしょうね。

でも、「逃走した犯人が吉祥寺から2駅目から井の頭線に乗り、何回か乗り換えて日野方面に逃走した」と姿が防犯カメラに映っていたそうで、やたらに立ちションも出来ない時代になってしまったようです。

2月28日の朝に起きてテレビのニュース番組を観ると、「若者の街、住みたい場所ナンバーワンの吉祥寺の閑静な住宅街(あとで場所が分かったら、そんなに閑静な場所ではなく、そこに行く手前でしたが)で強盗殺人事件発生!犯人は2人組」などという物騒な文字が飛び込んできた。

最初の「駅から北西に500m」と言っていた。「うちの店は駅から北西方面にあるけど、もう少し駅に近い、ということはもう少し遠いあのあたりかな?」と想像を巡らせていると、コンビニが映った。「ウン?あのコンビニは、道の大きさからいって、毎朝晩駐輪場に行き来する道の1本北側の道のあのコンビニかな?そうすると事件現場は、その先のどこかかもしれない」とだんだん具体的になってきた。そのうち、「幼稚園の横」と言っていた。確かににその道の先には幼稚園がある。この道の入り口は明るいが、その幼稚園の少し手前に10mぐらいに渡って学校の裏側のブロック塀がある。そして、その塀ぐらいのところから、めっきり寂しくなる道で、夜中に女性が一人で歩くのは心細いと思う。犯人にとっては、そのところが狙い目だったのでしょう。都会の盲点なのかも知れません。

インドをはじめアジアの国では、女性が夜道を一人で歩くことは危険なので、ほとんどありません。外出しなければいけない時は、必ず誰かが付いていきます。
日本は、今までは夜中に一人でも安心して歩ける国だったのですが、いつの頃からか、安全神話が壊れてきてしまったようです。日本人の心が荒んできてしまったからだとは思いたくないが、悲しいことです。

先日は、JR錦糸町駅で車内で口論した人が相手にナイフで刺されました。この駅は、もう少し先の場所に大学まで住んでいたので、家から一番近くの「都会」であり、大学時代はJR(その頃は国電)に乗り換えていた駅で、今は筈分変わってしまいましたが、非常に懐かしい場所です。こちらは今日現在まだ犯人は捕まっていません。

親しみがある場所で立て続けに事件が起きて、ショックを受けていることは確かです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR