スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗濯機が狂ってしまった

この状態は、普通は「壊れた」というだろうが、動くことは動くので、「狂った」という表現にしてみました。

朝食の支度(と言ってもパン食なので、コーヒー、サラダと卵焼きを作るくらい、寒い時には、これに畑の野菜をたくさん入れたスープが加わるぐらいの簡単なもの)と何日かに一度の洗濯をするのが私の朝の役目。別に決められたことではないが、朝一番先にお腹が空いて起きてしまい、やることもないので、ヒマつぶしにやるだけのことです。

残りの家族二人は、夜は一刻でも遅くまで起きていたい人たちなので、当然朝はなかなか起きない。ほとんど毎朝3回も起こしに行く。彼らの言訳は、1人は低血圧、もう一人は「起こし方が悪い」という。毎朝いろいろ起こし方を変えているので、そのうちのいくつかは、絶対に気に入ったものがある筈だと、私は思っているのだが、、、。
洗濯をした時は、洗濯物をハンガーに掛けながら15分ごとに起こしに行くということになります。
最近は、洗濯機のせいで、タイミングがずれることもありますが。

その洗濯機ですが、最初に異常に気が付いたのは、いつもの様に洗濯機にスイッチを入れてから、朝食の用意をしていたら、「ピー、ピー」と煩い音がしたので、何事かと見に行ったら、残り時間を示すウインドーに何やら見慣れない文字が出ていました。
煩いのでスイッチを切ってから、食事の支度をしてから(もちろん食べてから)ネットで調べると、脱水機能の異常を示すとのこと。ついでにこの洗濯機は古すぎて、もう部品が無いことなども書いてあった。

もうこの洗濯機とはサヨナラしないといけないことになったと諦めた。しかし、せっかくここまで進んだのだから、脱水をすれば終わるのだと思い直し、スイッチを入れてみるとまた煩い音が始まった。仕方がないので、棚の奥にあるコンセントに手を伸ばし、必死に抜いて、また入れてまた操作をしてみたら、脱水が出来た。「何だ、ひと手間増えただけかい」ということで一件落着か、これからもこの手でいけば良いのだと思いきや、それ以降、すすぎの時に水が出なくなったり(仕方が無いので、バケツの水を徐々に流し込んだりもします)、洗濯が終わった後に一度水を捨ててから脱水してそれからすすぎに進むのですが、水を流し終えた時に止まってしまったり(今日がそうでした)、様々な段階で例の見慣れぬ文字が出るようになりました。いつも同じところで例の文字が出れば楽なのですが、そうでないところが大変。
10分ぐらい待ってまたスイッチを入れると動いたりもします。

簡単な解決法は、新しいものを買えば良いのです。

でも、何故か最近は洗濯機とこちらの知恵比べのような気がしてきて、こちらもなるべく楽な方法を考えて、コンセントから洗濯機までの間のコードに中間スイッチを付けたり、やんちゃボーズを手なずけるような気がして楽しくもなってきました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。