送金が、こんなに大変な時代になってしまったんだ

さっき、20数万円を送金してきました。送金先の銀行との取引が無かったけど、その口座のある支店がすぐ近くだったので、送金手数料は安いだろうと思い、現金を持って行きました。

初めATMで送ろうと思ったら、「現金は10万円まで」との表示が出た。仕方が無いので、窓口用の用紙を書いて、しばらく待っていた。こちらの番になり、窓口に行くと、「身分証明書を見せてくれ、この書類を書いてくれ」と言われ、その通りにして、またベンチに座った。ふと前を見ると、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」というものがあり、振り込め詐欺、投資詐欺、偽り詐欺防止のためにこの手順の手続きをしないといけないらしい。

おまけに手数料は525円。これだったら他銀行の自分の口座に入金して、そこから送金した方が簡単だった。送金手数料がいくらかは良く知らないが。少なくても、気分は悪くならなかったし、時間もずっと早かった。

そんなにヒマではないし、書類書きが面倒だったので、なんとなくイライラしたが、銀行の人にとっては、「規則」だから仕方が無いのでしょう。
この怒りはどこに持っていけばよいのか?と考えたら、当たり前だが、策を弄して他人から金をだまし取ろうとする奴らが行けないのだ。

「オメーラのために送金がこんなに面倒になったのだ!」と声を大にして言いたい。
騙すのも説得能力の一つだとは思うが、まっとうな商売で使えば法に触れることもないと思うのだが、、、、。
うちで雇えば、うちももう少し売れるかもしれない。でも、そんな余裕はない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR