スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク買い付け日記 13.03 4日目


良く寝られたので、少し体調が戻ってきた気がした。

朝食を取りながら日程を考えたら、日曜日は発送業者が休みなので、土曜日(つまり明日)の午前中に発送する商品を業者のところに集めて、午後3時までに書類を作ってもらって、箱に詰めての、発送作業を終らせないと面倒ななことになるということに気が付いた。(遅いな)
つまり、月曜日の午後に発つので、その日は午前中しか動けない。発送作業が午前中に済めば良いけど、さもなければ、、、、という不安があるのだ。
そして、土曜日に発送作業が済めば、日曜日にウイークエンドマーケットに行って、街で買えなかったものを買い足して、自分で持ち帰ることにして、月曜日の朝にトランクに詰めて、まだスペースとお金の余裕があったら、軽いものを買いたすという計画を立てた。

今回は、安いチケットを探すことに必死になったために、月曜日にバンコクを離れるということを全然気が付かないで、チケットを買ってしまった。深く反省。

そう決まれば、気になったものを今日中に買い込まなければいけないのと、発送業者に行く途中の2軒の店で眼を付けていた商品を買い、今日中に届けてくれるように頼み、注文したが在庫が無くこれから染めると言っていた絶対欲しい商品が間に合うかどうかを聞きにおばさんのところに行くと、「まだ出来ていない。明日の午後ならなんとかなるだろう」とのこと。「午後だと間に合わないので、何とか午前中にしてくれ」と頼むが、はっきりしない。少々不安。

今度は発送業者のところに行き、事情を話したら、「月曜日に朝に全て揃っていれば、なんとかなる」という返事がもらえた。そこで、「最悪、ホテルの12時というチェックアウトタイムをオーバーしたら、少しお金を払えばいいや」と決心する。

昼食を食べようと、近くのホテルのショッピングセンター上の食堂街の世界の料理というところに行った。チケット買い、いろいろ物色していたら、日本のラーメンだとかカツ丼などもあった。以前から日本のラーメン屋は、タイ(特にバンコク)ではいろいろのところにあったが、オーナーはタイ人なのか日本人なのか知らないが、なんだか今年は、日本食屋をよく見かける。結局日本であまり食べるチャンスが無いイランのカバブを食べてみた。以前イランに行って時には貧乏で食べられなかったというトラウマが今もあるらしい。味は、たいして旨くなかったが、値段が安いので、文句は言えない。
食後に飲んだ、愛想の良いお姉さんが作ってくれたコーヒーが旨かった。また100ルピーでお釣りがきた。

それから、これも是非とも買いたい商品を買いに昨日休んでいたインド人街の店に行った。今日は開いていて、希望通りではないが、なんとか良いものを見つけることができた。その辺を少しウロウロして、仲の良いインド人夫婦がやっているアクセサリー屋やインドの神像屋で少し買物をした。インドでの値段を大体知っているので、素直にお金を払う気がしなくて、必死に値下げ交渉するが、輸入する時の経費なども分かるので、まずまずのところで妥協した。

それらをまた発送業者のところに持って行き、帰りにファッションビルに寄り、シルバー屋を冷やかしてりしてから、アフガン人の店でベリーダンスのお客さんが欲しがっていたアフガンのコインを買ったつもりだったが、パキスタンのものも混じっていた。少し失敗。

ホテルに帰り、シャワーを浴びて貴重品を置いて、またマッサージ屋に行き、2時間耐えたて、屋台の食堂といういつもの夜のフルコース。

ホテルでゆっくり風呂につかり、洗いながら手足を見ると、来る前は寸胴だった太腿や腕の筋肉の形が分かるようになった。寒さで縮んでいた筋肉が、暑さとマッサージでほぐれて来たのかもしれない。必死に耐えた甲斐があった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。