スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコク買い付け日記 13.03 6日目

朝、バスに乗ってウイークエンドマーケットに行った。運転手は若いアンちゃんで、車掌は愛想の良いおネエちゃんだった。運転席の上だけに扇風機があり、横には冷たいものを入れたアイスボックスがある典型的なバンコクのバスだった。車掌が開いた運転席の横の席に座って、アイスボックスから出した飲み物を飲みながら運転手と談笑するなんていうのもいかにもバンクのバスという感じで大好きです。

いつもは手前でバスを降りるのだが、今日は反対側を見ていたために乗り越してしまった。マーケットまでの距離はこっちの方が近いかもしれないのだが、いつも行く店が遠くなってしまった。このマーケットは、吉祥寺のハモニカ横町を大きくしたようなところで、大きさは数百倍ありそうな気がする。最近増えてきたペット屋、山岳民族物屋、衣料品屋、アクセサリー屋などなどタイ中の商品が集まっている。もちろんクーラーは無い。たまに氷に浸した飲み物を売っている店などがあると、知らん顔をしながら、手で氷を少し握ったりもできる。
中に入って迷ってしまうと、いちど周囲の広い道に出て、知っている建物や店を見つけてそこから再挑戦することになる。しかも行く度に大きくなっているので知らない場所がドンドン増えている。今回は反対側から入ったので、いつも行く店を見つけるのに苦労した。もちろんウロウロしている時にも眼だけはしっかり商品を探していますが、、。
やっと見つけたその店で、少し商品を買った。とにかくシルーバーの値上がりが凄い。山岳民族のもので興味のあるものを見かけたが、もう発送できないし、残金も心配だったので買えなかった。残念。

暑さのためか疲れたので、ホームタウンに戻ることにした。帰りに乗ったバスの運ちゃんも若く、この商売をやっていなかったら暴走族になるしかなかったのではないかと思われる運転だった。
とにかく飛ばすし、バス停なんかあまり気にしない(降りる人がいない時は、止まらない)、平気で割り込みをする。日本だったら、即クビだろうな。

そういえば、昔パキスタンで一番前に座った時は怖かった。とにかく飛ばすし、追い抜く時には平気で反対車線に入り、対向車の直前で戻ったりした。少しウトウトしたかったが全然できなかった。

バスを大きなスーパーの前で降り、4階の食堂街に行き、今回まだ一度も食べていなかったタイスキを食べた。昔は大丈夫だったのですが、だんだん辛いものが食べらくなってきた(腹が興奮して寝付けない)ので、以前タイスキ屋で、子ども用のタレを頼んだら、店員のネエチャンに大笑いされたことがあるので、今回は何も言わないことにして、鍋のスープ薄めることにした。
エビやカニのすり身を固めたものがとにかく旨い。野菜もたくさん食べた。満足。

下のスーパーに行き、エビセンだの日本と同じものがあったり、肉などの売り方は日本の様にチマチマ売っていなかったり、タイ独特の調味料の種類がたくさんあったり、売っているものを眺めて楽しんだ。

ホテルに帰り、去年少し手伝ってもらったバンコク在住の日本人ベリーダンサーとのお食事会のために身体を洗い、迎えに来てれるという約束の時間にロビーに降りていくと、もう日本人の若い男性と一緒に来て待っていてくれた。
彼の運転する車に乗ってレストランに行き、あまり辛くないタイ料理(少し辛味を減らしてもらった)を食べながら、ベリーダンスのこと、彼とはお互いの仕事のことなどを話しながら、しばし今回の仕事のことを忘れて楽しい時を過ごしました。

少し酔っていたこともあり、彼にホテルまで送ってもらってからは外出をしないで、明日は時間が無いだろうと思い、トランクのパッキングをした。少しスペースが余っていたので、明日お金が余ったら、何を買おうかと考えながら、おとなしく就寝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。