テレサ・テン(鄧麗君)

テレサ・テン(鄧麗君)のDVDが、「生誕60年」記念として発売されると聞きました。
「そうなんだ。生きていたら今年で60歳なんだ」若くして(と言っても18年前だから、42歳)亡くなってしまったので、若い時(?)の印象しか残っていない。とにかく彼女の歌は良い。彼女が歌う「何日君再来(ホーリーチュンツァイライ)」」などの古い中国の歌も良いが、特に日本の歌を中国語で歌うと最高だった。日本人が作曲したメロディーが美しく、中国語の美しい響きがそれにピッタリ符合してなんとも良い。CDを何枚も持っているし、香港で海賊もののVideoを何枚も買い込んだこともあります。
ただ一つ気に食わないのが、少し前から患っていた気管支喘息で亡くなった時にチェンマイのホテルに一緒に滞在していたのがフランス人のカメラマンだったこと。何故か、理由は自分の中ではっきりしないのですが、せめて、中国人か日本人であって欲しかった。
彼女が亡くなった翌年にチェンマイに行った時に、空港の案内所で買い物に便利なようにナイトバザール近くのホテルに泊まろうとしてホテルカタログのページをめくっていたら、「マエピンホテル」の文字が飛び込んできた。値段を見たら、最低料金はそれほど高くなかった(彼女の部屋はもちろん最上階の最高の部屋だったそうです。景色が良いだろうな)ので、一晩だけ泊ってみた。庭は広く、調度品は豪華で、さすが老舗の豪華ホテルでした。
そして、朝食のためにレストランに入れば、「ここで彼女も食べたのだろうか?」と考えたり、チェックアウトの時にフロントで彼女のことをいろいろ質問したりしてしまった。

生前、国交のない台湾のパスポートだと日本入国が面倒ということで、インドネシアのパスポートで日本に入国しようとして入国拒否されたり、父親の関係で国民党の宣伝に使われ、国民芸人と呼ばれたり、中国の民主化運動に関与したりした。チェンマイの滞在も中国との国境にいる国民軍との関係かと疑われたりもした。とにかく、晩年はなんだかよく分からなかった。
今は、彼女の遺体は火葬されないで、防腐加工されて土葬されているそうです。これで50年間は生前の姿でいるそうです。

なんだかんだと言っても、彼女の歌はやっぱり良いのだ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR