交通法規

最近は交通法規(ルール)を守らない奴が多くて困ると日頃嘆いています。

先日、出勤途中に乗っていたチャリのチェーンがはずれ、この暑さの中を30分も押して歩きました。開店時間は遅くなるし、散々でした。
チェーンがはずれたのは、この1カ月で3回目でした。押しながら歩いている途中、「これまでは自分で直していたが、これだけ度々はずれるのは、チェーンが伸びてしまったとかのなんだかの理由があるに違いない。一度自転車屋さんに持って行って調べてもらおう」と決心しました。案の定、「チェーンが古くなって伸びたので、換えないとダメですね」と言われてしまった。なにしろ、20年ぐらい前に知り合いの自転車屋さんから、新聞屋さんが下取りに出した自転車を譲ってもらったものだから、立派なアンティークとも呼べるものです。その時に整備代として1000円払いましたが、その後タイヤを換えたりなど、様々なところにガタが来たのでいろいろ直しました。合計3万円以上は使っています。考えてみると、新しいものを買った方が安いかもしれません。でも今は、これだけ付き合ったのだから、車体が崩れるまで使ってやろうと思っています。昔の頑丈な自転車なので、一向にその気配はないです。でも、いろいろ不具合があります。チェーンを換えてもらう時に自転車さんと話したら、「前後のタイヤを含め、今ガタが来ているところを完全に直したら、2万以上はかかる」といわれてしまった。
決断の時なのかもしれません。

ところで交通法規ですが、このチャリを押している時に、「歩行者は右側通行で、自転車は左側通行だけど、この状態の今はどっち側を通行するべきなのか?乳母車は右だろうけど、台車もどっちなのだ?」という疑問がわいてきました。駐輪場のおじさんに聞いてみると、意見が分かれました。こうなったら、お巡りさんかいないと思い、いつも通る交番の前に立っていたお巡りさんに聞いてみました。
お答えは実に簡単。「オートバイも自転車も人が押しているものは歩行者と同じ扱いで、歩道を通り、横断歩道を渡る」とのことでした。ということは、台車もそうです。でも、オートバイを押した人が歩道を歩いていたら、邪魔でしょうね。それに、歩道橋は無理ですね。

昔、デリーの街中の音を録ってこようと思い、オールドデリーで歩きながらテープレコーダーで録音したら、ほとんどはザワザワと人の話す声、たまに店から流れていたラタ・マンゲシュカールの歌声、そして甲高くも美しいリキシャーのベルの音だけでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR