スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑~い

毎週日曜日の午前中は、農作業をしていますが、先日の日曜日はとても暑かった。

「日本生まれのアジア育ちなので、40度以上の気温は何度も体験している。 だから、暑さには強いんだ」と日頃自慢していますが、今回は辛かった。

朝の少し涼しい時間の仲間が来る前は、如雨露(じょうろ)で水に溶かした土地改良剤を蒔くという軽作業だったので、「今日はいつもより暑いかな?」程度でした。
仲間が集まって来て、トマト畑の解体という本格的作業が始まりました。初めの支柱の片づけ程度はそれ程でもなかったのですが、畝を覆っていたビニールマルチを剥がす作業が大変でした。作業ために周囲を歩くので、マルチが飛ばないように乗せておいた土が固まっていて、(今年は雨が少なかったので、特に硬かったようです)三本鍬を振り下ろすぐらいの力が必要でした。「餅つきの練習」とか言いながら始めたのですが、きつかった。
普段ならば、1畝ぐらいは出来るのですが、今回は長い辺の半分も行くと息切れして、「暑い。水。休憩」となってしまいました。水遊びしていたちびっ子たちに頭に水をかけてもらったりしても、全然涼しくなりませんでした。何回か繰り返しているうちに「ビールでもかっ食らって、涼しいところで横になりたい」という欲求がどんどん増してきてしまった。終わった時にTシャツを絞ったら、水が落ちました。

なんとか熱中症になる前に予定作業が終了してので、途中で買ったビールを飲みながらチャリで帰宅して、扇風機の前で少し寝て、元気を取り戻してから店に向かいました。吉祥寺に着いて歩きはじめたら、空が暗くなってきていました。「これで冷たい風が吹いてきたら、集中豪雨が近いんだよな」とか思っていると、冷たい風が吹いてきました。「さっき畑に水を蒔く元気が残っていなかったので、今降ってくれると良いな」と思ったら、その冷気は、デパートから漏れてきたものでした。(その後にちゃんと降ってくれましたが)

アジアの内陸部や乾季のバンコクなどは乾燥しているので、汗をかいてもすぐに蒸発します。車に乗っていて、背中の部分が汗で濡れても、パタパタやっているとすぐに乾いてしまいます。
でも、日本(東京都限定した方がいいのか?)は湿度が多いので、身体から出た汗がどんよりとした重苦しい周囲の空気のために蒸発出来ずに、逆にカバーとして身体の熱を体内に閉じ込めるような気がします。あちらでは、素焼きの容器に水を入れておくと、浸み出した水が乾燥し、中の水を冷やしますが、日本だと周囲が濡れるだけであまり冷えないのはないだろうか?
それから、雨が降ったあとは暑い空気を一掃してくれて、すがすがしい気温になるのですが、日本では逆に蒸し暑さが増す感じです。顔や腕などの出ている分は少し涼しくても、背中に汗が流れる感じです。

タイで集中豪雨は何度も経験しています。タクシーに乗っていて、大通りから横道に入ると通行不能だったり、以前何度も泊ったホテルは低いところにあったので、雨の後はホテル前の道に膝くらいまで水が溜まりジャバジャバ歩いて帰ったことが何度かありました。靴って意外に乾きにくいし、何が落ちていてもおかしくないような道を素足で歩く気にはなれなかった。それが理由で、このホテルには泊らなくなりました。
その時は、「バンコクはもっと排水設備をきちんとしないといけない」などと怒っていましたが、実際に日本でも同じように雨が降ると、同じようなことが起きています。

そういえば、背中の汗は下に落ちて行きます。触って確認しましたが、尻の上あたりの筋肉がろうとの様になっているので、落ちて行った汗は間に流れて行き、最後にポトッと落ちます。今年初めてこれを体感した時に、「今、下痢していないのにこの感覚は何だ?」と思いました。下痢の経験も豊富なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。