スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でのインド映画のこの先は、、、、、?

当店のネットショップでインド映画のDVDを売っていますが、以前仕入れたDVDが当店のオン・ライン・ショップにアップされていないことが気になっていました。ヒマをみては店で映画を観たり、それを買ったDVD屋で現在の値段を調べたり、ウキィペディアで調べたりしながら、書き込む文章を考えています。買った時には高かったものが今はかなり安くなっているものもあり、同時に値段の変更も余儀なくされました。

アップしていなかったものは当然古い映画(90年代ぐらい)なので、今第一線で活躍中の俳優たちが若いこと。「今はマッチョだけど、若い頃はあんなに痩せていたんだ」とか、「駆け出しの頃は、あんなにトッポイ役をやっていたんだ」とか、「やっぱり若い頃から踊りが上手い」などの新鮮な発見がありました。
その頃は、今ほど製作費が使えなかったのは当然として、外国というか在外のインド人をあまり意識していなかったせいか、今のような外国ロケはあまり無いし、ストーリーもかなりシンプルで解りやすい。

大体金持ちまたは貧乏な主人公が恋をして(それも何故かすぐに)、笑いがちりばめられ、それが三角関係になっていき、涙が流れ、スリリングなシーンがあり、その間に歌とダンスのシーンがいくつか入り、そして最後はハッピ-エンドという図式になっています。
これが この時期のインド映画の定番。もちろん、芸術系の映画はこの図式ではありませんが、一般の人たちが観るのは当然定番の方です。
あまり観たことがない人には理解が難しいかもしれませんが、この図式を使って、3時間あまりの映画に観客をいかに飽きさせないように作るかが監督の力量の見せどころだったのかも知れません。単純だからこそ、あの手この手と様々な手法で使って描きます。

それから、この当時はインドもまだ中間層の人たちがまだあまりいない頃で、テレビの無い家庭が圧倒的に多かった。一生懸命働いて稼いだお金を手に映画館に行き、主人公に感情移入して、主人公の住む豪華な家に住んだ気になり、綺麗な女性と恋をして、楽しく踊って、最後にハッピ-になるという映画を観ている時だけ日常の憂さを忘れられるのです。「これで良いのだ」という気はないですが、そういう背景が分からないで、インド映画を「あのお気楽な映画ね」と簡単に表現するなかれと言いたい。それから、芸術系、社会派の映画だってインドでは製作されていることもお忘れなく。日本でもたまに紹介されますが、残念ながら、ほとんどインドそのものや映画に関心が無い人には分からない場で小規模に上映されています。

日本だって、50年くらい前まで「鞍馬天狗」や「旗本退屈男」が出てくると、映画館内のあちこちから拍手が起こった時代がありました。

ただ、今年の日本で一般上映されたインド映画上映時の「マサラタイム」などというものはインドには無いです。(インドの人にも確認しました)
一部の人たちは、この映画のこの場面では拍手をするとか、口笛を吹くとかのマニュアルまであったとか。

アメリカでは、インドの人が配給会社を買取って積極的に上映されているそうですし、ドイツにもインド映画専門の買取り外車があるそうです。
今年の一般上映で、少しはインド映画に関心が高まってきた気がしますが、日本ではこれからどうなるのか、、、、。特に飽きるが早いこの日本で、、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。