スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saroyanの新オーナー登場

10日ぐらい前に新しいオーナーから就任を知らせるメールがありました。
やっと就任したようです。Saroyanのサイトを読むと、Saroyan氏は一応顧問の様な形でジル作りに関与していくようです。Saroyan氏のいないサロヤンジルは考えられないので良かったと思います。

これからよろしくお願いしますという内容の返事と共に、恐る恐る彼が引退してから課せられていた発注制限について聞いてみました。
すると、制限はないとの返事が来たので、喜んですぐに今までの様に注文を出したら、注文フォームを使って注文を出すように言われてしまい、同時に「今度からこうします」という内容の書類が来た。まぁ、注文できるならば少しぐらいシステムが変わっても良いので、OK の返事を書いて注文フォームを使って発注した。
今までは、無いものがあると。「これが無い」と言ってきて、こちらで修正して発注すると2,3日後には、「送ったよ」というメールが来たが、今回は5日経っても何も言ってこない。多分ないものが出来るまで待たせてから送ることにしたようだ。このことは例の書類には書いていなかったが、、、、。
制限が無くなったことは嬉しいが、いつ送って来るか?向こうから送ったという知らせがあるまでは、到着予定がこちらは判らない。予約してくださったお客様にだいたいの日にちを知らせることができなくなってしまった。これはお客さまに申し訳なくて、少し困っています。

それから、今までの発送担当にメールを書いたが、その人からの返事はなかった。もしかして、辞めたのかも?柔軟性はなかったが真面目な人だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。