バレンタインディ

数日前、店に来ると、うちのビルと道をはさんだ隣のビルとの間(ここでは音楽をやったり、野菜の産地直売をやったりしています)にベビーカーがズラーッと並んでいた。
何事かと思ったら、ハロウィンのための赤ちゃんとお母さん用の仮装グッズの販売だった。

最初はクリスマス(近年は、インドでさえ祝う人たちが出てきたようです。西欧文化が急速に入りこんでいるのと、少しお金の余裕が出来たからかも知れません)、次にバレンタインディ、そして今度はハロウィンですかい。今年の盛り上がりは過去最高で、経済効果はバレンタインディを抜いて100億円を超えてらしい。

今までの日本には無かった西欧のお祭りがマスコミの煽りによってだんだん定着していくようです。それもそこに流れる自然への感謝などの精神はそっちのけで、商売の戦略に乗せられているだけなのがミエミエなのに、グッズを買わされて、仮装をして、騒ぐことをしたいだけ。

花見も同じだけど、花見は落語にもあるように「日本の伝統」なので、まだ許せなくはないが。

「日々の生活に楽しさが少ないので、このくらいはしても良いでしょ」と言われると、否定は出来ないのが辛いところです。

そういえば落語も貧乏長屋に住んでいる人たちの花見でした。

金銭的な貧乏だけならまだ救いはあるかもしれないが、心まで貧しくなって欲しくないですが。。。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR