スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールで大地震が。。。。

テレビのスイッチを入れたら、瓦礫の山が目に飛び込んできた。「またどこかで地震が起きたのか?」と、あの瓦礫の感じは、インド、パキスタン、ネパール辺りかもしれないという嫌な予感がして、音声のボリュームを上げると、「ネパール」とのことだった。なんてこった。
レンガを積んだ家々が並び、古くてしっとりとした町並み、たくさんの寺院、ゆったりと街行く人々の優しい笑顔にいつも心を癒されていました。せめてここの人たちは、静かにしてやっていて欲しかった。
その後もテレビで現場の映ると、知り合いの家でないことを祈りながら、記憶にある街の景色を思い出しています。あの町並みが無くなってしまったかと思うと本当に悲しい。

残念ながら、ヒマラヤの成立を考えると、山中でアンモナイトの化石が採集できたり、地震があっても不思議ではない地域ではあることは確か。

近くのネパールレストランのオヤジさんに、ネパールにいる家族のことを聞いてみると、「自分の家族は大丈夫だったけど、親戚の何人かが死んだ」とのこと。返す言葉が無かった。

カトマンズにいる古い友人達にメールを書いて、安否を尋ねてみた。

以前日本に留学していた友人は、本人、家族ともに無事だそうで、良かった。

もう一人も本人、家族ともに無事だったが、「救出仕事に従事しているので、大変忙しい。回復するには外国からの援助が必要だ」と言ってきた。もちろんお金以外で出来ることは何でもしたいか…。

郊外に一軒を建て、自分の家族だけで住んでいて、事務所も比較的新しいビルの2階なので、大丈夫だろう。sじかし、親や兄弟が住んでいたところは旧市街のど真ん中で、ここは壊れてしまった心配があると思っていた友人からは3日経ってもまだ返事がない。心配だ。

日本で稼いでカトマンズ郊外にでっかい家を建てて、今も日本で商売をやっている友人は大丈夫だったろうからまだ連絡をしていない。

せめていっぱいある衣料品を送りたいと思い、まとめてネパールに送る窓口はないものかと、探してみた。ネパール協会などのNGOはいくつかあり、「緊急援助募集」とあるが、どこも募金しか受け付けていない。
尻に火が付いている状態では、悔しいがそんな余裕は無い。

それらのなかには、この時に乗じて自分たちの懐に収めようとしている奴もいるかもしれないので、用心した方が良いかも?

お金はかさばらないし、何でも必要な物に変えることができるから、確かに一番便利なのは分かる。お金以外はかさばるし、送るのにもお金がかかってしまう。
そう言えば、以前何度か衣料品を寄付した「アフガン支援」は、衣料品とともに同時に発送費用の募金をしていた。

先日お会いした「ナマステ・ボリウッド」の編集長と、収益金を送るためのイベント開催をしたいと話しましたが、
会場の問題やどうやって収益を上げるかが意外と難しい。今のところペンディング状態です。

「一日も早い復興を願っています」と書くと、何故か嘘くさい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日、近くのネパールレストラン・「ナマステカトマンズ」のメンサーブが店の前で募金を募っていた。

そこで、「ごめんね。パイサ(お金)はないので、出せない。衣料品を送ることがあれば、知らせてください。いっぱい持ってきます」と伝えておきました。

地方に食料品を運ぶためのヘリコプターが必要と聞いても、分かっていてもそんなものは持っていないよー――。
でも、なんかしたい。

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。