スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドのドクラワ-ク

ドクラ

「店が新しくなって商品が見やすくなったのだから、もう少し真剣に宣伝しろ」と尻を叩かれた(いぇ、アドバイスを受けた)ので少し店内の紹介やら、商品の紹介をさせていただきます。

まずは僕の大好きなドクラワークから。

ドクラワークとは、東インドのオリッサ州周辺に昔から伝わる伝統的技法で、脱蝋法(ロスト・ワックス)により真鍮を溶かして使って様々な形を作ります。。
1つ1つ手作りなので、ほのぼのとした作り手の温もりが伝わってきます。

今はやりの「癒し効果」があるかもしれません。

その技法とは、次の工程です。
1、作りたい物の形の土台を粘土で作る。
2. その土台を薄くした蜜蝋で覆う。
3. 覆った蜜蝋の上に目、鼻、耳など様々な装飾を蜜蝋で貼りつけます。
4. 全体を粘土で覆います。
5. それを火にかけ、中の蜜蝋を燃やして取り出します。
6. 蜜蝋が入っていた空洞に溶かした真鍮を流し込みます。
7. 冷えたら外側の粘土を割って真鍮部分を取り出します。
8. 最後にはみ出した部分などを削り取り終了です。

そのように作られているので、同じ物は一切ありません。同じ大きさで、同じデザインの物を20個並べて比べてみたことがありますが、たとえほんの少しだとしてもどこか違っていました。

デザインのほとんどは神様、人間、動物ですが、最近は灰皿などの日用品まで作られるようになりました。

以上の内容は、インドでこれを仕入れた時に業者から聞いた話なので、正しいかどうかを確認をしたいと思いネットで検索してみました。
すると、中国人らしい人がネット販売しているサイトと去年のナマステ・インディアで当店(多分)でお買いになったインドレストランを手伝っているというインド古典舞踊を踊る女性のブログだけでした。

彼女は最後に「これは何だろう?」と書いています。
このブログを読んでくれるかどうかわかりませんが、お答えします。
「それは、ドンキーです」



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。