スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド映画は、家族愛を描いたものが多い。

昨日、ボリウッド映画を買ってくださる常連さんがいらした。前回買っていただいたDVD・Drishyamという映画についても話になった時、僕が、「終わり方がインドらしいというか、白か黒かはっきりさせないアジアらしい」と言うと、「その後の最後のシーンの意味が良く分からない」とおっしゃった。その前のシーンでもう終わったと思ったのとレジをやらないといけなかったので、観逃していました。そこでもう一度観直しました。

ざっとあらすじを書くと、自分がシャワーを浴びている時に盗聴され、その盗聴男が脅しに来た。それが映っている携帯の映像を消してくれといくら頼んでも応じてくれないので、棒でたたき落とそうとしたら、誤って頭を叩いて殺してしまう。帰ってきた父親がそれを知って、娘を守るために必死にアリバイを作り上げた。盗聴男の母親は敏腕刑事で、行方不明の息子を必死に探そうとするうちに1人の警官の証言から、父親が犯人に違いないと目星を付け、アリバイを崩していく。この過程が手に汗を握るくらい面白い。二度観ても飽きませんでした。
結局、息子の死体は見つけられなかった。そして、息子のしたことを息子の友人から知らされ、自分は警察を辞め旦那と一緒にロンドンに行くことに決め、去り際に父親に会いに行き謝る。父親も本当にすまなかったと謝る。お互いに具体的なことは何一つ言わずに。ここで、「アジアらしい終わり方だな」と思い、その後は気にしなかった。背中で音が聞こえたが、エンドロールぐらいに思っていました。その僕が観逃した最後のシーンの感想は、観ていただいた方にお任せするとします。

この映画もそうですが、インドの映画は家族愛(誤解が元で憎みあったりもしますが)がテーマのものが恋愛ものと同じように多いような気がします。
最近入荷した、Brithersという映画もそうです。

とにかく、インドの人たちは家族を大切にします。街中で、旅行者からなにかをかすめ取ってやろうしている男たちも、家では良い息子であったり、良い父親です。一度親しくなると、友人に対してもです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。