スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対照的に困った2人

1人は農園のオヤジで、もう一人は食堂で働くおばさん。この2人のポリシー(自覚しているかどうかは疑問)というか動き方の違いが興味深い。

オヤジは農園に来るようになって10年以上たつが、多分一度も先頭に立って作業をしない。力仕事はしない。「今日はみんなと一緒に真面目にやっているな」と思っていると、少し経つといなくなってしまう。みんなで餅つきをしても、杵を持ったことがない。とにかく積極的に作業をやろうとしない。ただし、早く来たかと思うと、少ない収穫物の確保だけはしっかりやるという困ったオヤジなのです。今は定年退職しているが、自動車の修理工場で働いたというが、どういう働き方をしていたんだろうか?

もう一人のおばさんは、他人と一緒に仕事が出来ず、負けん気が強く、何でも自分でやるタイプ。取りたいものの間に人がいる時、その人に頼んで取ってもらえば良いと思うが、狭い隙間をすり抜けて取りに行く。やりたくても経験不足でできない人を、「働かない」と陰口を言う。他人を蹴落としてでも自分が1番でいたいらしい。そして、頑張り過ぎて、体調を壊してしまったりもする困ったおばさんなのです。

もしこの2人が一緒に何かをすることになったら、どうなるのだろう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。