スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語字幕付きDVD

今、当店で取り扱って日本語字幕付きのDVDは、「Sultan」のみ。以前シャールク主演のもの数点を仕入れたことがあったが、こちらが売り切れる前に。卸し先がこちらの仕入れ値段よりも安く売りだしたので、日本で仕入れることをやめた。
しかし、この「Sultan」は良い映画だし、「俺は日本語字幕のDVDしか観ない」というお客さんの声が気になったため入れてみました。

久し振りに日本語幕の映画を観てみると、台詞がすんなり頭に入ってくる。「やっぱり母国語」という感じがしたのと同時に、漢字が一文字で表す意味の凄さに感謝しないといけないと思った。それに知人で、字幕を付ける仕事をしている人が「訳が長くなってしまう時は要約することもある」と言っていたのを思い出した。インド製の英語字幕はそこまで考えていないだろうな。
そういえば、翻訳機で作った日本語字幕を観て、非常に笑ったことがあります。

英語字幕だと、読み終わらないうちに次に移ってしまうことが多い。それほど大事でないところはそのままにするが、「これは大事」と思われる台詞の時は、戻ってもう一度読むようにしている。面白そうな映画の時は、何回か繰り返して観てやっと何とか要点をつかむようにしている。二度三度と見るうちに前回気が付かなかった点が見えたりする。
英語を母国語する人たちはこの英語字幕を観て全部理解できるのかが疑問(インド独特の文化、宗教に関しては別)になり、一度来店したアメリカ人のお客さんに聞いてみたことがあるが、「大体は分かるけど、たまに早すぎて読み切れなかった」とのことだった。やっぱり。

先日、アメリカから南インド映画のDVDを入れたが、NTSCでリージョンフリーだが、3タイトルに英語字幕が付いていなかった。アメリカからなので、英語字幕が付いていると勝手に解釈していたこちらが悪いのか?
昔インドで映画を観たことを思い出したのと悔しさで、観てみた。ストーリーは案外簡単なので大体分かったが、「このセリフを知りたい」というシーンがいくつかあった。特にシリアスな映画での警官の台詞。大体の想像はできるが、確かめたい。誰か教えてーーー。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。