FC2ブログ

はるばる屋 吉祥寺本店を閉店いたしました。

はるばる屋を東京・吉祥寺で43年間営業してきましたが、とうとう安全運転をもう一度するためにいったん停止するが来てしまいました。

理由を挙げればきりがないですが、簡単にいえば、店を維持するだけの売り上げがなくなったこと。売上を向上させるための妥協をしたくなかったことが最大の問題だったことは解っています。インドネシアのイカットとバティック、アフガニスタンのアクセサリーの在庫は今でも誇りに思っています。「こんなことをいまだに言っているからいけないのだ」という声が聞こえてくることは承知しています。

最近はインドをはじめアジアを理解するのには、現地の人たちの宗教、生活など諸々が詰まった画像があるDVDを重要視しています。入手が可能だったVideoの時代から取り扱っていたインド映画(今はDVD)は、過去に「ムトゥ 踊るマハラジャ」という映画が一般公開され、少しヒットしましたが、「インド映画=すぐ踊る」という変なイメージを一般の人たちに与えてしまったためか、
この言葉を聞きたくないインド映画ファンの方々は、唯一大っぴらにインド映画の話ができて、DVDを手に取って選べる場所として、はるばる屋に足を運んでくれました。こちらも映画の話、インドの話などが出来て楽しい時間を過ごしてきました。

店を閉めても、せめてこの「インド映画空間」を維持しようといろいろ動き、一時は「間借り」という形で実現寸前までいきましたが、大家さんと間に入ってくれた人との関係がうまくいかなくなり、暗礁に乗り上げてしまいました。
絶対にこれは実現したいので、なるべく早く「インド映画秘密の砦」(仮称)を作りたいと思っています。

最近は「バーフバリ」というインドのテルグ映画が評判になり、少しはインド映画ファンが増えて来ていますが、インド映画の輸入、配給をしてくれる人たちがもっともっとインド映画の魅力を伝えるような映画を選んでくれるよう、切に願っています。

とりあえずは、9月29日(土)と30日(日)の「ナマステインディア2018」でのお客様との再会を楽しみにしています。

インド映画DVD情報は、https://blogs.yahoo.co.jp/harubaru16103/15428262.htmlとhttps://twitter.com/harubaruyaで、ご確認ください。お問い合わせは、こちらにお願いいたします。→harubaru@jn3.so-net.ne.jp

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR