Bombay Bellywood

bdcd_0514.jpg
インド映画を知っている人なら、「Bombayだったら、Bollywoodだろ?」と思う筈ですが、何でもありのベリーダンス界から、「Bellywood」なる言葉が生み出されました。

もっとも、「Bollywood 」という言葉は、インド映画界が、Bombay+ Hollywoodで創出したものではありますが。

そういえば、Bellydance+ Polynesian=Bellynesianという、ポリネシアンリズムで踊るベリーダンスもあります。フラメンコ風音楽で踊るジプシーベリーダンス、アラブ風フュージョンで踊るトライバルフュージョン、クラシック風アラブ音楽で踊るゴシックベリーダンスもあります。

今度は何かと思っていたら、「Bellywood」でした。
この言葉の生の親であるBellydance Superstarsは、この言葉を引っ提げて、今年も東京公演を行うそうです。すでに、「Bombay Bellywood」なるCDも発売されています。

インド音楽CDも取り扱っているこちらは、アラブとインドの音楽を融合させると、どんな音楽になるのだろうと、おおいに興味を持ち、早速このCDを仕入れて、聴いてみました。
このCDを販売している身としては、言ってはいけないかもしれないのですが、インド人以外の演奏家が多いせいか、インドの香りがあまりしないフュージョン系の音楽が多く、インド音楽をもっと多くの人に聴いてほしいと思っているこちらとしては、残念な気がしました。
でも、トライバルフュージョンを踊る人たちにとっては、関係ないかも知れません。

それから、最近ベリーダンサーさんたちが、ボリウッドダンスに注目して、本来のボリウッド音楽を使ってボリウッドダンスを踊ってくれているのは、嬉しいことです。応援したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR