野菜

2,3日前、政府より福島県や北関東地方産の牛乳、ホウレンソウ、カキナなどから、基準値を大幅に上回る放射性物質が検出されたことで、出荷を自粛するようにとのお達しがあり、その後も地域、産物が拡大しています。

我が三鷹ちびっ子農園でできた野菜は、自分たちの楽しみのためにやっているので、「心配だったら食べなければ良い」だけですが、生計のために丹精込めて作り、出荷を待つだけだった野菜を廃棄するしかない農家の方々にとっては、自分の失敗ではないだけに諦めきれないと思います。

カキナとはアブラナ科で、現在我が農園で唯一収穫できているノラボウと同じ種類です。
政府の「今回の出荷自粛は、大事をとっているだけで、人体にそれほど影響はない」という説明、専門家の「流水で洗えば相当落ちます。茹でればもっと落ちます」という言葉とこの雨で少しは流れたと信じて、ちょっと心配ですが食べるべきか?
落ちた放射線を被った野菜が現在対象になっていますが、東京の水も乳幼児が飲めないほど汚染されているそうです。
その汚染された雨で表面が洗われたのか? かえって染み込んでしまったのか?
その雨が地面に染み込んで、その水分で育った野菜は大丈夫なのか?
農園のある三鷹にも放射線が飛来していないわけがないので、心配です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR