スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国語

会話帳
「聞いているだけで、英語が自然に身につく」という、若いプロゴルファーを使ったテレビコマーシャルがあります。
自分の息子たちが言葉を覚えていった過程を観察していたら、「周囲から語りかけられる言葉を耳で覚えて、それを発音してみて通じたら、その言葉の意味を知る」ということを実感しました。
この教材は、発音して通じるかどうかを確かめることは出来ないけど、言葉に慣れるというか、聞く耳を育てることには意味があると思います。まず、言葉と身体に入れられなければ、発することは出来ないと思うので、第一段階としては良いかもしれないと思います。

50年も前に英語を習い始めましたが、その頃の教師は、文法は知っていたかもしれませんが、カタカナ英語で教科書を読んでいました。たぶん外国人と話したことのある教師は稀だったと思います。こういう教師に習った我々世代は、英語が話せなくて当然だと思います。

初めて外国に行った時に、「10年も英語を習ったのだから、分からない筈はない」と思っていましたが、最初のころは満足に聞けないのだから、ほとんど答えることはできませんでした。
スエーデンのパン工場で働いていた時に、一緒に働いていた同年代の現地の若者と仲良くなり、家に遊びに行ったりしましたが、言いたい事が言えなくて、フラストレーションがたまりました。
そこで、仕事の契約が終わったら、英語を勉強するためにイギリスに行こうと決心しお金の関係で、、3カ月だけ学校に行きました。その後は、夕方からレストランの地下でお皿を洗いながら、教師養成クラスに生徒モデルとして無料で参加させてもらいました。
入学時のクラス分けの試験は、文法が主だったので、文法だけは得意の日本人の僕は、中程度のクラスに入れられました。聞きも話しもしない宿題は、いつもトップクラスでしたが、最初のうちは、「授業を観ている」という感じでした。同じクラスのイタリア人などは、文法は全然できなかったのに、話すことだけは出来ていました。その時初めて、エジプト人の同級生が読んでいた新聞を見て、「変わった字だな」と言ったら、「お前の国の字も変じゃないか」と言い返されて、「外国人から見たらそうだよな」と、初めて気付きました。
後で知ったことですが、下のクラスは、教科書などはほとんど開かないで、簡単な会話の繰り返しばかりだったそうです。ちなみに上のクラスは、教師になるためのクラスでした。

タイに初めて行って、表通りはともかく、裏通りでは、英語があまり通じなかったので、タイ語を覚えようと思い、本屋に行きました。日本語で書かれた本もあったのですが、英語でタイ語を説明するテープを見つけ、これなら一緒に覚えられると思い、それを買いました。
例えば、[Now we are going to learn Thai numbers] の後に、「one」「ヌン」、[two]「ソン」,,,というものです。

睡眠学習法というのがあるので、そのテープを毎晩、寝る時に聞いたのですが、ある時なかなか寝付けなくて、最後の方まで聞いて、「へぇー、こんなことをやっていたんだ」と思ったこともあります。おかげで耳は慣れたのですが、いかんせん単語不足なので、いつも「旅の指差し会話帳」という本を持ち歩いています。
ほとんど英語が話せない洋服屋のおばさんは、僕が言葉に詰まってバッグをゴソゴソやりだすと、「また本を出す」と言いだし、2人で大笑いします。
こういうコミュニケーションが大好きです。 

それから、店でお客さんとアメリカ製のベリーダンスレッスンDVDを一緒に観たりします。英語で様々な動作を説明しているので、「あの動作は、英語では、そう言うんだ」と、かなり英語の勉強にもなります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。