スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜って、洗剤で洗って大丈夫?

先日、食器洗い用の洗剤が無くなり、いつもの雑貨兼食料品屋さんに買いに行きました。
パンなら、たとえ停電でも売り場にたどりつける自信はありますが、普段あまり縁が無いので、どこにあるのか必死に探しました。「この辺かな?」と思うと、洗濯用だったり、家では粉せっけんしか使わないので、液体洗剤が新鮮だったりもしました。
それにしても、臭いを消すものとか、なんだかんだといろいろあるのに驚きました。説明書を読むと何に使うのかは分かりましたが、「こんなものが、世の中に必要なのか?」と思われるものも多く、世の中が変わってきていることを実感しました。

日頃無菌状態にいるから、O157のような病原菌が体内に侵入した時に、すぐ発病してしまうという説もあります。
実は一度、ネパールでチキンを食べて、キャンピロバクター菌という食中毒菌にやられ、上からと下からとお腹の中のものが全て出てしまい、苦労したことがあります。チキンの中まで火が通っていなかったので、熱を通せば死んでしまうその菌が生き残ってしまったとのことです。一緒にいた息子たちも同様でしたが、食べなかったツレアイだけは、ケロッとしていました。

なにしろ2,3日間水を飲んでも、「トイレー」でした。幸いこの菌は、体外に出てしまえば、「それで終わり」だったので、少し痩せたのと、バンコクで気張って泊ったホテルでのズラーッと並んだ豪華な朝食ビュッフェが食べられなかったのが心残りでした。一人元気だったツレアイに、「他の3人は食べられないのに一人で食べるのか?」と嫌みを言ったことを、今でもたまに言われています。

さて、洗剤などをいろいろ見ていると面白かったのですが、時間も無くなってきたので、ちょうどが通りがかった店の人に売り場を聞きました。そこで商品を手に取ると、「台所用洗剤、食器、野菜用」と書いてありました。「何、この洗剤で野菜を洗う人がいるの?」と思いながら他のものを手に取ってみると、「果物」とまで書いてるものもありました。「食器、台所」だけのものはないのか?と探しましたが、結局見つからずでした。仕方が無いので、最初のものを買って、、お金を払う時に、レジのおばさんに、「野菜を洗剤で洗う人っているのかな?」と聞いてみました。
そのおばさんは、「いるみたいよ。私は洗わないけどね」と言っていました。
家に帰って、今まで使っていた容器に詰め替えようとして、ふとそのラベルを読むと、「野菜、食器粗い専用」と野菜が先に書いてあり、ビックリしました。

なんで野菜、果物を洗剤で洗うのかを考えたのですが、リンゴやミカンの表面に付けられたワックスを洗らい落とす、表面に着いた農薬を落とすぐらいしか思い浮かびませんでした。ワックスや表面の農薬が取れたとしても、洗剤が染み込んで、気持ち悪くないかと思うのですが、、、。皮は食べないのならば、ワックスを落とす必要もないし、農薬は中までしみ込んでいそうな気がするし、どんな意味あるのか理解できません。
放射能だって、水洗いでかなり流されるとマスコミでは言っています。洗剤を使うと、100%取れるというならば、使う意味は十分あると思いますが、、、。


その後何人かの周囲の人たちに、このことを聞いてみましたが、洗剤で野菜を洗っている人は一人もいませんでした。どこにいるのだろう?

そういえば、小学校のキャンプで、新任の教師がお米をとぐ時に洗剤を入れたという話を聞いたことがあります。

私は絶対食べたくないです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。