SHAKTIのDVD

お客さんのご注文で、“Remember Shakti  The way of Beauty”というDVDを仕入れました。Shaktiというバンドは、イギリスのジャズギターリスト・John McLaughlin、南インドのヴァイオリン奏者・L. Shankarと北インドのタブラ奏者・Zakir Hussainらが中心になって1975年に結成されたジャズと南北インドのフュージョンバンドです。その後、John McLaughlinとZakir Hussain以外のメンバーは、入れ替わったりしています。

実をいうと、正当なインド音楽ではないので、あまり興味がなく、今までお客さんから注文された時以外は仕入れなかったし、CDがあってもほとんど聴いたことがありませんでした。

このDVDを2枚仕入れて、正常に映るかどうかのチェックのため、そのうちの1枚を、観てみました。初めのうちは、引き気味に観ていたのですが、そのうちに引き込まれてしまいました。一流メンバーばかりで、彼らが自慢の技をドンドン繰り出すので、演奏が素晴らしいのは当たり前ですが、それよりも感動したのは、メンバーそれぞれが自分をソロをめいっぱい演奏し、他のメンバーがソロをやっている時に、暖かく見守ったり、「頑張れ」という感じで、自分の楽器を合わせて鳴らしたりすることでした。つまり、「みんなで協調しながら、楽しんで演奏している」ことでした。

前のブログで、「歩行者にも交通規制を」と書いたのは、これがないことで歩道での交通事故などが起きてしまい、「自転車の交通規制」などというくらないことを強制されてしまうはめになってしまうのだと思います。
日本人が、美徳とされていた謙虚さを忘れて、私利私欲に走るようになったのは、バブルの頃かも知れません。
「オタク」が目立つようになってきたのもこの頃のような気がします。

大体、みんなが他人のことを考え、きちんと行動さえしていれば、何の規則も必要ないんです。
これは空想に近い理想論ですが、、、。

<蛇足> この文は、決してDVDの宣伝ではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR