「魅せられてインド」展

副題「日本のアーティスト/コレクターの眼」として、来年2012年01月21日から3月11日まで福岡の「福岡アジア美術館/企画ギャラリー(7階)」で、横尾忠則、平山郁夫さんなどインドに魅了された28人の方たちが提供するインドの美術文化、民俗画から映画のポスターなどのコレクション展があります。
当店も、古いインド関係の店として、少しは協力させていただきました。
ズラリと並んだ28人のお名前を見ていると、一度お会いしてお話を聴きたいと思っている憧れの人、親しくさせていただいている人、当店のお客さんがいて、とても身近に感じています。場所が遠いので、行きたいけれど叶うかどうか心配ですが、、、、。

「バラナシ」で書きましたが、最近の旅行者は、「インドを理解しよう」、「インドを満喫しよう」とかではなく、そんなことは関係なく「インドという怪しい国に行って、目立つ何かをやって(ガンジスで泳ぐなどの)くる」ことがインドに行く理由だったりします。
この展示会に行けば、インドに行かなくてもある程度のインドが理解できて、満喫できるかもしれません。これから行こうとしている人も、これを見てから行くと、「あれを探してみよう」なんていう楽しさが増えるかと思います。

展示内容もさることながら、この企画を立て、準備している方とお会いして、その方の一生懸命さにうたれたので、応援したいと思いました。

詳細は以下です。
開館時間:午前10時-午後8時(入場は午後7時まで) 休館日:水曜日
主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本
公園:駐日インド大使館、公益法人日印協会
助成:芸術文化振興協会基金
観覧料:一般800円(600円)高大生500円(300円)中学生以下無料
( )内は前売り、団体(20名以上)
もっと詳しいことは、こちらからご覧ください。
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR