餅つき

毎週日曜日に行っている三鷹ちびっ子農園では、正月用に毎年最終日曜日(一度12月31日の時がありましたが、その時は24日になりました)に餅つきをします。何しろ無添加なので、いろいろ調べて密閉して辛子を置いたりなどと工夫しても、餅つき日があまり早いと、正月にはもうカビてしまったりします。かといって正月前に食べ始めるのは、なんとなくいけないような気がして食べられません。今年は4日まではカビの姿を見つけませんでしたが、1月10日の今はもうカビカビです。そう言えば、僕が初めて観たインド映画の題名は、「カビカビ」(邦題;時として)でした。(関係ないですが、、、)

朝7時過ぎから、4つのかまどに火をおこし、2つには前日に研いで水に浸しておいたもち米を3段ずつ乗せて吹かし始めます。もう2つはお湯の補給用です。もち米が炊けたら臼に入れ、3人で杵を使って捏ねます。これが不足すると、滑らかな餅ができません。でも、これがかなりの肉体労働で、餅つき作業で一番疲れる仕事です。慣れている人は、腰を使って腕をあまり使わないようにしますが、そうでない人は、翌日腕が痛くなると思います。(年寄りは3日後ぐらいですが、、、) 突くのは、杵を頭上にあげる時だけ力を使いますが、おろす時は杵の重さを利用すると、そんなに疲れません。慣れないと無駄な力が入ってしまい、臼を叩いてしまったりして、臼も杵も痛めてしまいますし、疲れ方も違います。今回初めの餅つきをした人がいました。初めはオッカナビックリの感じでしたが、最後にはかなり上達しました。なにしろ繰り返し何度もやりますから。

今回は天気も良く、元気な若い人も多く参加してくれたり、今回は35臼(1臼は、のし餅2枚)ぐらいで、先回よりも10臼ほど少なかったこともあり、2時過ぎには終わりましたが、過去には暗くなるまでやったり、途中で雪が降ったこともありました。風が強くて、畑の土が舞い上がって困ったこともありました。

少し疲れてくると椅子に座り、テーブルにある酒をチビチビやって元気を取り戻し、クダラナイことを言いながらながら長期戦に挑みます。

とにかく美味しいです。自分で突いたお餅を食べると、買ったものを食べられなくなります。だから止められないのです。

納豆に卵を入れたり、大根をおろして絡み餅、海苔を巻いてウインナーを挟んだり、揚げても旨いです。つきたての柔らかいうちにあんこを塗すのも、疲れが取れるようで余計旨く感じます。

今年入会した方が、お正月に岡山に帰省する時に四角く切ったお餅を持ち帰ったところ、丸餅しか食べない実家の人たちに珍しがられたそうです。市販されているものも、丸餅がビニールパックされているんでしょうか?今度聞いてみます。

狭い日本でもいろいろ文化があるものです。ちなみに調べたら、菱形、台形のお餅を雑煮に入れる地方もあるようです。切るのが面倒そうだけど、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR