バンコク便り 3

翌朝、「さーて、本格的に仕事するか」と、朝一番に両替屋に行く。20分ぐらい歩いたが、まだ、太陽光線があまり強くなく、少し暑い程度だった。汗をかいてもシャツがあまり濡れないし、昼間でも日影はそんなに暑くないということは、まだ雨期前なので、空気が乾燥しているからだと思う。でも、実はこの雨季前の時期が一番暑い。雨が降れば、気温を下げてくれるからだ。ただし、今度は日本(東京)の夏と同じように蒸し暑くなり、シャツについた汗がなかなか乾かず、クーラー付きのバスに乗った時や、ショッピングセンターなどに行ってしばらくすると寒くなってくる。そして、蚊が出てくる。

さて、張りきって両替屋(銀行よりもレートが良い)に行ったが、店が開いてない。「エーッ」と思って、店の前にいた男たちに、「今日は休みか?」と聞くと、「そうだ。今日は日曜だから」との答え。その時、曜日を間違えていたことを知る。月曜日だと思っていたのだ。

仕方が無いので、軽井沢店用の真鍮の鈴を探したり、面白いインド物を物色するべくそこからバス1本でいけるインド人街に行くことにした。
昔からあったスィク教のお寺の隣に大きなショッピングセンターが出来たので、以前よりは、明るい街になりました。でも、借賃が高いようで、ここでの商品の値段は少し高いような気がしました。昔ある衣料品屋の横を入って、止まったエスカレーターを上がったところの方が、うす暗くインドの雰囲気があるし、そこにいるインド商人も胡散臭くて面白い。とにかくここは、ヒンディ語が通じるのが楽しい。ヒンディ語、タイ語、英語のごっちゃ混ぜの会話も楽しめます。スィクのおじさんにスィクの挨拶をすると、その一言で顔が柔和になったりもします。
結局、お目当ての鈴は見つからず、アクセサリーとCDを少々買い込んで、中華街まで狭い路地を物色しながらトコトコ歩く。大好きな飲茶を食べるためだ。店に入ってメニューを見ると食べたいものだらけだけど、いつも食べすぎるので、少し自制する。以前ここで、食べていたら、スィクのおじさんも食べていて、「タイの中華街で中華料理食べているインド人がいて、それを見ている日本人がいる。すごく国際色豊かな光景ではないか」と、一人で面白がったことがあります。
日曜日なので、問屋は閉まっているかもしれないが、お土産と地元の人たちが行くショッピングビルは開いているだろうと、ホテル近くの大きなショッピングビルに行って、いろいろと情報を集める。ついでに、あまり買う気はないがシルバー屋も何軒か覗いて、デザイン、価格などをチェックしてみる。アフガン人の店があったので、久し振りにアフガン語も話したくなり、少しおしゃべりをして、買物もする。

近くにあった中華料理屋で焼きそばを食べて、ホテルに帰る前に、インターネット屋で日本にメールなどを書いていたら、凄い雨が降ってきた。日本で言う「集中豪雨」です。もともとはこちらが本家で、日本も「地球温暖化」のためかこちらの気候に近づいたのかもしれません。傘を持っていなかったので、止むまで(いつもだいたい2時間位で止みます)待ってから店を出たら、道路の水溜りが半端ではなく、高いところを選んで歩いていたが、そのうち通れなくなった。靴が濡れると後が大変だし、靴を脱いで歩けるほど安全ではなさそうだったので、迂回して帰る羽目になってしまった。ホテルまでの道は低いのか、以前も水が出て、靴のままジャブジャブ歩いたら、翌日チェンマイに行く飛行機の中で足が冷たくて参ったことがありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR