スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス欠

イランでのこと。前回満タンにしてから走った距離を計算すると、そろそろガソリンが無くなりそうだった。ちょうどあったスタンドで入れようかと思ったが、あいにく昼休みだった。

今満タンにしておくべきか、一瞬迷ったが、「ここはイランで、石油が採れるんだから、ガソリンスタンドなんかいくらであるよ。少し先に行って今度見つける頃には昼休みも終わっているだろう」ということになり、先に進んだ。
ところが、その先は山道になり、店らしきものは皆無で、どんどん登って行くのみだった。だんだん不安になってきた。戻ろうかとも思ったが、両側が雪のため道が狭くなっていて、とてもUターンなど出来るスペースなどなかったので、進むしかなかった。「もうすぐ登りも終わりかな?」と思った時、不安が的中してしまった。

補助のガソリンを入れるポリタンも空。困った。

ヒッチでそのポリタンを持ってガソリンを買いに行かなければならなかった。先がどうなっているか分からないので、確実にガソリンが買えるさっきのガソリンスタンドまで買いに行くことになった。乗せてくれる車を待つ間、とりあえず車が邪魔なので、前方横を少し掘って車を寄せようとしてみんなで掘っていると、反対からトラックが来たので、ポリタンを見せて、「ガソリン、ガソリン」と言って、事情を説明して(?)乗せてもらいそのガソリンスタンドまで戻った。幸い昼休みは終了していた。ガソリンを買いながら、そこで給油していた車に頼みこんで乗せてもらい、何とか車までガソリンを運んだ。

ガソリンの量が少ないのと、上り坂では押せないので、エンジンがかけられないから、Uターン出来るようにもう少し掘って、やっと脱出してまたそのガソリンスタンド行き、お礼を言って、満タンにしてもらった。
「おめえが昼休みを取らなかったら、こんなことにならなかったのに」という言葉を押さえながら、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。