インドの話

こんなブログでも、読んでくれる人がいて、先日お客さんから、「ブログ読んでいます。タイのところが面白かったです」と言われました。現地で書いたりしたものだから臨場感もあったかもしれません。

またタイのことを思い出しながら書こうかとも思ったのですが、先週末に「インドのトークイベント」に参加したので、最近はタイ担当になったので、行っていないですが、昔よく行ったインドのこといろいろ思い出してしまったので、インドのことを書かせてもらいます。

もう30年以上前ですが、ボンベイ(今はムンバイという名に代わり、通りの名もイギリス名から、インド名に戻りました)にカミサンと初めて行った時。その頃は今の様にネットで予約などは出来ない時代だったので、現地に行ってから飛行場などの旅行案内所でホテルを決めるような旅行の仕方をしていました。もちろん、そこで探せる一番安いホテルですが、、、。
「そこが嫌だったら、ブラブラしながら、近くのもっと良いホテルを探せばよいや」ぐらいの感覚でした。
インド商工会議所で紹介してもらった2つの業者と会って、商品を注文する予定でしたが、ボンベイのことは何も知らず、その時は、「、、、、ビーチ」という言葉につられて(安かったせいもあるが)ホテルを決めた。ホテルに到着して地図を貰い見てみると、街の中心から結構離れているが、電車で中心まで行けた。
翌朝、電車で中心まで行こうと駅に行ったが、切符を買う場所が見つからなかった。探しているうちに電車が来たので、「中で買えばいいや」と思い、その電車に乗り込んで終点まで行ったが、車掌は来なかった。降りたところでもお金を払うところを探したが、それほど積極的ではなかったことは認めますが、人が多いこともあり、見つけられなかった。30年以上も前だから、もう時効でしょう。
タクシーに住所を示して、1つめの業者に行ってみると、事務所は閉まっていた。気が付いたら日曜日で、「今日行く」とは連絡していなかったこちらが悪い。来たこと、泊っているホテルのメモを書いて中に入れて、諦めることにした。もうひとつの業者も多分休みだろうから、今日は「休み」ということに決め、ホテルで休むことにした。実は、朝駅まで歩きはじめたら、隣のホテルにプールがあり、宿泊客ではなくてもお金を払えば泳がせてくれると聞いていたので、プールサイドで優雅な午後を過ごそうと思ったのです。
もちろん帰りは、駅でその辺にいる人に切符売り場を聞いて、ちゃんとお金を払いました。

帰りに水着を買い、プールに行ってみました。いたのは、インド人と多分アラブ人(あまり見分けがつかない)で、女性はほとんどいませんでした。カミサンが普通に頭から飛び込んでクロールなどで泳ぐと、ビックリした顔で、「水泳の選手か?」と聞かれたりしました。「日本は海に囲まれているので、日本人はみんな泳げるのだ」とうそぶいたりもしました。まるで子供みたいに足から飛び込んでいた人たちにとっては、衝撃的だったかもしれません。

つかの間の休みをしっかり楽しんだのですが、その晩がきつかった。2人の両親とも、東北出身で、肌が白く、日焼けに弱い体質だったので、肩、腿などに火脹れができてしまい。「痛いよ」と言いながら、必死に冷やしました。

教訓。「インドの太陽は、日本人にはきつかった」

その時の思い出が、今も僕の太ももにシミとなって残っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR