スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブのCD

以前、お客さまからのベリーダンス用のCDのご注文があり、いつも取引しているいくつかのアメリカのサイトでは発見できず、意地になってネットでいろいろ探していたら、アラブのサイトを見つけ、そこで探していたCDがありました。他にもいつも買っているアメリカのサイトと違ったものがかなりあって、面白そうだったので、試しにいろいろ注文してみました。
その業者は、多分あの辺で一番進んでいそうなレバノンあたりにあるのだろうと単純に思っていたのですが、1週間ほど前に届いた荷物の上に貼ってあった送り主の住所を見たら、なんとシリアのダマスカスからでした。
「マスコミの報道を見聞きする限り、かなり緊迫しているような気がしていたが、実際の国内はそれほどでもないのかもしれない」と思いました。後にソ連軍侵攻の糸口になるアフガニスタンでの最初のクーデターがあったその日に、カーブルにいましたが、当人たちが騒いでいるだけで、一般の人たちは、普通に生活していて、「今日は何があるか分からないから、太陽が落ちる前にホテルに帰り、それからは外に出ない方が良い」と友人に忠告され、少し緊張したぐらいでした。その友人と別れ、街のセンターに行き、戦車の上からアジ演説などの見物したりして、夕方にはホテルに帰りました。全てはその日の明方に終わっていた方いたようで、それから4.5日滞在しましたが、街に兵士が増えただけで、普通の生活でした。

昨日お客さまからアラブCDの注文を受け、今日(7月24日)、そこに発注しようとメールを開けると、「誠に残念ですが、7月26日に業務を中止します」というメールが来ていました。
2,3日前のテレビニュースでは、「大統領の片腕の義兄弟が殺された」とか、昨夜は「反政府軍が攻勢を強めている」との報道がありました。かの地で何かかが大きく動いてるのは感じました。
どうしようかか迷いましたが、あと2日あるし、逃げたり、地下に潜るとしても資金が必要だから、すこしそれの足しになるし、荷物もほんの少しだけ減るかもしれないと、先程発注してみました。
もちろん彼らがこの2日間は無事で、うちの注文を送ってくれること、このために逃げ遅れることがないことを願っています。

しかし、彼らが無事で、うちの注文品を持ち込もうとした時にポストがきちんと機能しているかの心配もある。シリアのポストだって、日本と同じようにポストを通してお金を送れる筈なので、少しは銀行のようにお金をプールしているので、襲われる心配だってある。
発注してから、いろいろ考えてしまったが、あまり考えて禿げてはいけないので、止めます。
とにかくネットでCDを発注しただけなのに、世界史の1ページにほんの少ーしだけ触れたような気がしました。

昔、アフガニスタンタンのカーブルから年老いた母親を含め家族6人でパキスタンのペシャワールに逃げて来て店をやっていた友人に会いに行きました。
朝から彼の店で商品選びをしていたら、数人の鉄砲を持ったアフガンの男たちがラピスを握りしめてやってきて、置いて行きました。昼過ぎに1人の陰気なイギリス人がやってきて、3時間ぐらいかけて舐めるようにそのラピスを品定めして、いくつか分の代金を友人に支払って持ち帰り、その後にアフガン人たちがその代金を受け取りに来た。彼らが帰った後に、「もしかしてあのお金で武器を買うのかな?」と聞いてみると、友人は「バレ」(イエス)と答えた。

何も言えなかった。


<後日談>
このシリアのCD屋さんから仕入れたCDが売れて、お客さんから「今はいつ入荷するか?」とのお問い合わせがあったので、その後どうなったかという心配もあったので、試しに発注するこにしました。いつものように商品を選んで、決済のところに行こうとすると、どうしても繋がらない。5度ほどトライしたが、やっぱりダメで、諦めてしまった。
こんなことからも、シリアがいかに大変なことになっているか想像してしまいます。
ほんの少しだけの関係で、話したこともなく、顔も知りませんが、関係者の皆さんが無地でいてくれることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。