スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日傘

女性たちが日傘を使っている横を通った時などに、「邪魔だな。眼に刺さったら危ないぜ」と何度もなどと思ったことがあるし、女性の使うものだと思っているので、生まれて一度も使ったことはありません。

ところが、8月末ごろから少し涼しい風が吹き出してきたら、特に湿度が低い時などに、日陰の涼しさを感じるようになりました。その前は、感じられないほど暑すぎたのかもしれません。
朝のチャリでの通勤時などは、日陰を探して走るようになりました。どうしても右側通行になってしまうので、なるべく通行量の少ない道を選び、木陰を求めて、少し遠回りになりますが、ジブリ美術館の裏側(最近「緑の何とか」で、遊戯道具を置いた公園状のものを作ったり、木々を整理したり、野菜を植えたり、かなり整備が進んでいます)を通っています。車をみているより、心が和む気もしますし、たぶん少しは「森林浴」にもなるとも思っています。
建物も樹木も無い時は、電線の陰にトライしましたが、細いし、意外と曲がりくねっていて、無理でした。

そこで日傘ですが、自分で陰を作っているのだから、やっぱり凄いツールだと思いいたりました。家を出る時にせっかく自分の好みにメーキャップ(makeup=作り上げる)したものが汗で崩れてくることは、許せないのは分かります。

外国で日傘は見たことがありません。習慣がないのだと思います。ベトナムだと、おネエさんの方々は、日焼け防止にそのまま銀行強盗にもいけそうな顔を隠して、長い手袋をした恰好で、颯爽とバイクに乗っていますが、、、。

外国に行く時には、毎回折りたたみ傘を持って行きますが、ほとんど使ったことがありません。雨が降ると、最近の日本のゲリラ豪雨のようなものなので、外を歩く気がしなくなり、2時間もすれば止むので、店に入って商品を選んだり、食事や休憩をしたりして時間をつぶします。

そこで思ったのは、せっかく傘を持って行くのだから、宝の持ち腐れにならないように、次回から日傘替わりに使ってみようということです。雨季は湿気があるのでダメかもしれませんが、乾季ならばとても有効だと思います。
もしかして、現地に新しいファッションを作れるかもしれません。何年か後に、街にたくさんの傘を持った人たち歩いていたら、面白いだろうな。

でも、最初はみんなに笑われるのは確かでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はるばる屋 店主

Author:はるばる屋 店主
はじめまして はるばる屋店主です。

大学を卒業して、スイスに山を見に行き、安いというだけの理由で、陸路でアジア経由で日本に帰ってきました。
途中で垣間見た現地の人々の生活や習慣に非常に興味を持ち、

もっといろいろ知りたい

それにはもう一度行かねばならない

そうだアジアに関わる仕事をすれば良い

という三段論法と、

アジアの素晴らしさをもっと他の人にも伝えたい、それにはどうするか?

そうだ!現地に行って商品を買ってきて売る商売をすれば、自分はアジアに行けるし、彼らの文化・技・手のぬくもりを伝えられる。

などと考えて始めたこの商売。
気が付けば、もう30年以上も経ってしまいました。

アフガニスタンで何かあると、「あのおっさんは大丈夫だろうか?」、タイで爆破事件が起きると、「あの場所は、タイに行くと何回も利用する船着場」とか、何時もアジアのことを意識しています。
昨今、ベリーダンス、ヨガなどに人気が出てきました。でも、アメリカ経由の流行という感じもします。まっすぐアジアに興味を持って、好きになってくれる人たちが増えると嬉しいです。

はるばる屋のホームページは、http://www.harubaruya.com/ です。
ネットショップでのお買い物は、こちらからお願いいたします。
BBSでは、アジア関係の催し物の書き込みもご覧いただけます。

よろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。